テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

Next generation

 ついにJリーグも開幕し、各チームの今シーズンが幕を開けた。今年はオリンピックイヤーということもあり、今シーズンブレイク必至の若手にスポットを当てていきたい。彼らの出来次第で今シーズンのチームの明暗が分かれることもあるであろう。

浅野拓磨(サンフレッチェ広島)

 まずは昨シーズンスーパーサブとしてブレイクし、オリンピックでもエース候補として期待のかかる浅野だ。

 今シーズンから背番号も10番を背負い、チームの期待の大きさも明らかだ。そんな浅野の持ち味といえばもちろんスピード。さらに昨シーズンは相手DFに体を寄せられても当たり負けしないフィジカルを身に付け、チームに佐藤寿人というストライカーがいることで裏に抜け出す技術も格段に成長した。

 彼の今シーズンの課題はいかにスーパーサブとしてでなくスタートで力を発揮できるかというところにかかっている。オリンピック予選でもそうだったが、浅野はまだスタメンとしては大きな結果を残すことができていない。彼ほどの実力があれば佐藤寿人の牙城を崩すことが出来るはずだが、まだチーム内でもサブの選手という位置付けである。いち早く佐藤寿人からポジションを奪い、得点王争いをしなくてはいけない選手だ。今シーズンはスピードだけでなくチームを活かし、得点を量産する選手に化けることができるか期待しよう。

赤崎秀平(鹿島アントラーズ)

 昨シーズンのナビスコカップのニューヒーロー賞を獲得した赤崎も注目すべき選手であろう。

 赤崎の特徴はボールを持たないときの動きだしとポジショニングだ。昨シーズンのナビスコ決勝では彼の動きをガンバの丹羽、岩下の両CBは最後まで捕まえきれなかった。動き出しのタイミングと駆け引きでフリーになることが非常に上手い。ツートップを組む金崎も似たタイプであるためお互いが自由にプレーできている印象だ。

 また、上背はないがそれ以上にフィジカルコンタクトも強く、今までの日本にはなかなかいなかったタイプのFWである。鹿島には柴崎や遠藤といったパスの出せる選手がいること、相方の金崎が泥臭くつぶれることが出来る選手であることは赤崎にとっては恵まれた環境であろう。

 今シーズン、彼の出来次第で鹿島の順位が大きく影響しそうだ。

カイオ

 鹿島アントラーズからはもう一人カイオの存在を挙げたい。

 ブラジル生まれの若きドリブラーで近年帰化も噂されている選手だ。日本人にはない独特のリズムで違いを生み出せる選手でもある。若いテクニック系の選手特有の好不調の波はあるが、1対1の攻防は非常に魅力的だ。

About the Author:

幼稚園からサッカーを始め、中学高校と主将を務める。セリエA全盛期のユベントスに魅せられ、以来イタリア代表およびユベントスの応援を続けている。

Leave A Comment