ポルトガル / Portugal

Foot ball Drunker 〔92〕visiting 『Estádio 1º de Maio』ブラガ / ポルトガル

 クリスプブレッドは フットボールに似ている ◇◇◇◇欧州の伝統的な食べ物にクリスプ·ブレッドがある。ブレッド=パンなのだが、北欧ではクラッカー状の薄い形状のパンを指す。一方南欧でクリスプ·ブレッドといえば、ドゥルセソル社の製品が頭に浮かぶ。欧州の伝統的な食べ物にクリスプ·ブレッドがあるブレッド=パンなのだが、北欧では

Foot ball Drunker 〔81〕visiting 『Estádio da Luz』リスボン / ポルトガル

日本のファマリカンサポーターには嬉しくても 浦和サポーターには厳しい時代◇◇◇◇一富士二鷹三茄子、欧州に富士山はないが意外と鷹はスタジアム内を羽ばたいている。ナスはフランスやオランダでも食卓に並ぶ大衆料理の具材。子供の頃は正直美味いとは感じなかったが、この茄子が料理の中でボランチ的な役割であると気づかされるのは大人になってから。オ

Foot ball Drunker〔64〕 visiting 『Estádio João Cardoso 』トンデラ / ポルトガル

日曜日よりの使者は スタジアムに集まる◇◇◇◇甲本ヒロト 作詞作曲の「日曜日よりの使者」が発表されたの1995年。当時から大好きな曲ではあったが欧州蹴球に魅了されてからは勝手に自己流で歌詞を解釈するようになった。《世界中が どしゃ降りの雨だろうとゲラゲラ 笑える 日曜日よりの使者》

Foot ball Drunker 〔12〕visiting 『 Estádio do Clube Desportivo das Aves 』アヴェス / ポルトガル

タベルナで食べた謎の煮込みリーグ・アンが先週末は、既に第四節。開幕前には早くも前半の天王山かと注目されたオリンピック・リヨン対PSG。しかし開幕から白星なしのリヨンがこの日も四失点の絶不調。後半から期待の新戦力をピッチに送り出しても焼け石に水。車窓から放牧された牛や馬を目にする機会は、欧州では珍しくもない。かつて羊毛の生産大国ポ

Foot ball Drunker〔4〕 visiting 『Estádio D. Afonso Henriques』ギマラインス/ポルトガル

前回羅列したナイジェリア人にはA代表の常連も。日本代表がスーパーイーグルスと対戦して深く記憶に刻まれたのは1995年年明けのリヤド・キングファハドスタジアム。木っ端微塵に粉砕された加茂ジャパン初戦のスコアは0-3。97年10月カザフスタンでの更迭までの2年の10か月。当時は非常に長く感じたが今振り返ると意外に短い。複眼を得るポルトとリスボンの風景。しかし初代国王アフォンソ1世ゆ