テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

チャンピオンズリーグ グループリーグ ドルトムントVSアンデルレヒト

*記事の内容が少々古いものとなっております

国内での不調が続くドルトムントですが、この日は完勝といってよい試合内容で、メデイアも、香川については大絶賛でした。

 圧巻は、アンデルレヒトに左サイドでカットされたボールを、ドルトムントが拾い、中盤の低い位置から、たどたどしくも細かなパスを繋いだプレイで、ゴール前で香川にボールが渡るやループでのパスを選択。この一連のプレイです。

 このパスは、ドルトムントの9番、チーロ=インモビーレが完全にフリーであったことを加味したもので、アンデルレヒトのDFは、パスを出した香川と、左にいた選手に注意が向いており、本来は一番に気を付けなければならないはずの、ゴール正面にいたチーロ=インモビーレには考えが及んでいたかったようですし、チーロ=インモビーレがアルデルレヒトのDF二人の間にいたことで、まさかそこにパスが出るとは思っていなかったのでしょう。

 先にたどたどしいと記しましたが、本来のドルトムントは、ドイツリーグに所属する他のチーム同様に、細かくゆっくりとパスを繋ぐチームではないのですが、香川が入ることにより、パスの出し手と受け手の二点間の関係でしかないものが、三点間となり、三角形が出来るようになるのです。勿論、本来の香川もそういったプレイスタイルとは違うのですが、引き出しの多さを感じさせます。

 この日の香川は、味方が開けているスペースによく入って来ていました。

 香川のこういったプレイは、三点間がどうの、といったこともそうですが、次のようなことでも威力を発揮していました。

 まずはバイタルエリアを開けておいて、機をみてそこへ入って来る。と、こういったプレイが度々みられました。

 そして、オフサイドにはなりましたが、時には最前線に飛び出すなど、攻撃意識の高さが伺えます。

 加えて、この日のドルトムントは、相手がカットしたボールをよく拾えており、(まぁ、殆どのボールがドルトムントの選手のほうに転がったのですが )そこから直ぐ様攻撃に転じたり、時折みせるロングボールがとても効果的でした。

 その後、アンデルレヒトが縦に速い攻撃をみせるようになるや一転、ピンチを招くこともありましたが、これに対抗したドルトムントがスピードを上げると、アルデルレヒトは対応が出来ずに2失点。

 この2点はいずれもアドリアン=ラモスが取ったものです。

About the Author:

広島県在住 / 30代 / 趣味:音楽鑑賞・読書・散歩・仕事 / サッカー歴: 小学校からサッカーを始める。高校時代も含め、かなり本腰を入れていた社会人チームに在籍していた。小学生チームの監督経験もあり。その際は、一度も大会に出たことがなく、サッカーチームもなかった子供達に、優勝と三位という成績をプレゼントして頂いたことがあります。

Leave A Comment