テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

宮市の新しい冒険 FCトゥエンテへのローン成立

 プレミアリーグ・アーセナル所属のFW、宮市亮は9月1日の欧州市場移籍最終日に残留から急転直下でオランダ、エールディヴィジのFCトゥエンテ一年での期限付き移籍が成立した。

移籍の噂は多少あったものの、ベンゲル監督自身が、
『(リョウは)移籍をする前にアーセナルで試合に出る必要がある』、
との談話を発表していただけに、今夏での移籍というのは驚きをもって迎え入れられている。

 20011年に半年の期限付き移籍でフェイエノールトへ渡り、12試合に出場、3ゴールをマークしている。特にその爆発的なスピードで鮮烈なイメージをオランダに残している。今回もフェイエノールトとトゥエンテの2チームが噂に上っていたのだが、今回はトゥエンテに白羽の矢が立った形だ。

 FCトゥエンテは今シーズン、ヨーロッパリーグ出場権をかけたプレイオフにアウェイゴール差で敗退しており、その上チームも若干機能していない(現在、勝ち星なしの13位)。攻撃陣を失った弊害がもろに出た形となっており、そういった中で宮市は自身の存在感を出せるか、非常に興味深い。もっとも、フェイエノールトであれば、ヨーロッパリーグ本選に出場が決まっているだけに、出番も相当多くなりそうであったし、何よりさまざまな経験をつむことが出来ただろう。これに関しては少々残念ではある。

 これまでに移籍したいずれのチームでも活躍はしていたものの、ボルトン、ウィガンでは怪我に苦しんでいるだけに、怪我にはくれぐれも注意して欲しいところだ。果たして、リオはオランダの地でもう一度、飛躍のきっかけをつかめるのか?今後を注視していきたいと思っている。

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment