テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

昨季プレミア王者マンチェスター・シティの今夏の移籍

 昨季公式戦150ゴール以上を挙げ、監督ペジェグリーニの掲げる攻撃的サッカーを披露。観ていて面白い試合を展開したシティ。昨季2位のリヴァプール、3位チェルシー、そして復活を狙うユナイテッドら競争の激しいプレミアにおいて、2連覇を成し遂げられるか注目が集まる。

 今夏の移籍市場では長らくターゲットとなっていたDFマンガラを獲得。驚異的なフィジカルをもち、ポルトではEL,CLを経験したコンパニの相棒となる存在である。世界最高との呼び声高いコンパニの相棒探しには苦労してきた。今までにはレスコット、ナスタシッチ、デミチェレスなど決まった存在はいなかった。
 そんな中、ついに逸材マンガラの獲得に成功。他クラブからも狙われていたようだが、見事争奪戦を勝ち抜いたのであった。 

 ちなみに、クラブシステムのハッキングにより、正式発表前に加入が報じられたことでも話題となった。
 
 攻撃陣にはアグエロ、ヨベティッチ、ジェコがいる。FFPの制裁を受け、ネグレドを放出。そんな中、中盤も上手く補強を続けた。底にマンガラと同じポルトからフェルナンドを補強。08−09のシーズンのユナイテッド戦でことごとくボールをかっさらったこの選手には「タコ」の愛称がつけられている。攻撃色の強いシティにおいて、フェルナンドが中盤を引き締めてくれるに違いない。同じ列に並ぶ、ヤヤ・トゥーレも攻め上がりに集中できるだろう。MFながら昨季は20ゴールを記録。この選手がいかに攻撃参加できるかがシティのサッカーを決める大きな要因となるのだ。

 今季もシティが優勝候補の一角であることが間違いない。FFPの制約がありつつも確実に戦力を補充。十分にプレミアと欧州制覇もねらえる陣容と整えてみせた。

By | 2017-04-21T21:52:41+00:00 9月 25th, 2014|Categories: コラム, プレミアリーグコラム, 移籍情報|Tags: |0 Comments

About the Author:

20代前半男性、チェルシーファン。 岡山県在住。 スポーツはスキーをよくしていたものの、サッカー経験はあまり。。 日本代表戦だけではなく、海外のサッカーを本気でチェックし始めたのはここ数年。 自転車で街、田舎など、特に知らない場所を散策することが趣味。

Leave A Comment