テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

苦悩のストライカー、トーレスは1月にもチェルシーにレンタルバック?ミラノでも輝けず. . . .

 夏のトランスファーマーケット締め切りギリギリで成立した、スペイン代表FWフェルナンド・トーレスのチェルシーからミランへの移籍。

 しかし、ミランでの生活は1月で終了となるかもしれない。

 2年のローン移籍で活躍の場をイタリアに求めたトーレスだったが、ここまで10試合に出場(589分間プレイ)するもここまでわずか1ゴールと全く成果を出せていない。

 確かに結果には現れてはいないものの、彼がマークを引き付けているからこそ、本田やエル・シャラウィ、メネズといった選手へのマークが減っているという面はあるものの、自身が結果を出せていないのでは本末転倒ではある。

 現実として、ミランはエミレーツ航空という大資本とのスポンサーシップ提携で巨額の資金を手に入れており、今冬の移籍市場でリヴァプールのスソ、もしくはサンプドリアのステファノ・オカカの獲得を考えており、トーレスの必要性は薄れてきているようだ。

 指揮官であるインザーギもスタメンのファーストチョイスは本田、メネズ、エル・シャラウィであり、ここ数試合はトーレスをベンチスタートさせることが多く、途中起用としても放出候補といわれているパッツィーニやニアングを投入しており、トーレスの立場は既に第三候補以下にまで落ちつつある。

 仮にミランがローン移籍の契約を切り上げたとしてもチェルシーでの立ち位置は変わらないのは確定しており、新たな移籍先を探す羽目になりそうだ。

 その場合、古巣であるアンフィールドへの帰還も候補に挙がっているようだ。

 果たして迷えるストライカーはどこに行くのだろうか?

By | 2017-04-21T21:52:21+00:00 12月 14th, 2014|Categories: 移籍情報|Tags: , , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment