今回は五輪出場に向けて予選を戦っている五輪世代に注目していきたい。前回大会では下馬評は低かったが、ベスト4まで勝ち抜いたロンドン世代。果たして彼らの成績を塗り替え、念願のメダル獲得はできるのだろうか?各ポジションの選手評価とロンドン世代との比較を交えながら書いていきたい。

GK~オーバーエイジ有力候補?~

 現在五輪世代のゴールマウスを任されているのは櫛引である。櫛引は清水エスパルス入団後、当時生GKであったあの林(現鳥栖)から定位置を奪う等、将来を嘱望された選手であった。手倉森監督も当初GKには心配はしていなかったのではないだろうか?

 ただ、クラブでの櫛引のパフォーマンスは決して安定したものではなかった。今シーズンエスパルスは降格が決まり、そんな中櫛引がスタメンを外れることも多々あり、今シーズンのパフォーマンスは決して評価できるものではない。

 そんな中彗星の如く現れたのはアビスパ福岡の中村である。今シーズンのアビスパ躍進を支えた張本人。井原監督がスタメンに抜擢して以来ゴールマウスを常に守り、そこからアビスパの好調は始まったと言っても過言ではない。上背はないがシュートストップの際の反射神経、反応は現在Jリーグでも5本の指に入るほどではないだろうか?

 また、試合中に全く物怖じしない姿勢は評価に値する。中村がシュートストップ後に仲間を鼓舞する姿勢は若干20歳の選手とは思えないほどだ。