テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

スナイデルはどこへ行く? ガラタサライ、給料遅配でフリーエージェント状態に

 トルコ、スーパーリーグの強豪、ガラタサライに所属しているオランダ代表MF、ウェズレイ・スナイデルだが、もしかすると今冬にも移籍をすることになるかもしれない。

 というのも、ガラタサライは現在、資金難に陥っているようなのだ。スナイデルに対して給料の遅配が起きており、未払い金額は既に100万ユーロ前後まで膨れ上がっているというのである。

 現在、スナイデルの代理人及びマネジメント会社とチーム側で折衝しているようだが、FIFAの規定で3ヶ月以上の支払いの滞りが認められた場合、その選手のチームとの契約は破棄され、フリーエージェント扱いになるため、自由に他のチームと契約が出来るようになるのだ。

 今夏、マンチェスター・ユナイテッドの監督に就任したルイス・ファン・ハール氏はスナイデルを獲得したかったようだが、欧州カップ戦への出場権を持たないチームへの移籍に難色を示し、その移籍を誇示してガラタサライに残留している(ガラタサライはチャンピオンズリーグへの出場権を保有している為)。

 既にチャンピオンズリーグのグループリーグに出場しているため、チャンピオンズリーグ出場チームに移籍することはないかもしれないが、ヨーロッパリーグではその限りではない。

 今のところ、彼に興味を示しているというチームはマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーの2チームのようだが、フリーエージェント扱いが確定すれば移籍金無しで獲得が可能となる為、多くのチームが手を上げる可能性がある。

 果たして、彼はどこへ行くのであろうか?

 まだまだ一戦でやれる実力を持っているだけに、今冬の移籍市場の目玉の一つとなりそうだ。

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment