テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ライー⭐️サクサク動画コラボ記事⭐️

 サンパウロFCは創立90年の節目を迎えた1990年名将テレ・サンターナを監督に招聘した。ジーコが背負ったセレソンの背番号10を受け継ぐ男はクラブ史上最強のメンバーを牽引しモルンビーの観客は狂喜した。

 登録名はライー。

【南米王者への道のり】

1991年12月15日サンパウロ州選手権決勝の名場面が《53秒~》の映像。豪快なミドルを突き刺すと、この日PKを含むハットトリックでコリンチャンスに圧勝。五年ぶりの全国制覇と併せ二冠へと導く。

 翌92年、ニューウェルス・オールドボーイズとのコパ・リベルタドーレス決勝はH&A形式。アウェーでの初戦こそ0-1で落としたが、ライーのPK成功により2試合を通して同点に追いつく。ホームで逆転を狙うサンパウロFC。映像ではライーが決めた後ゴールキーパーの抱えるボールを奪おうとしているが、粘られた末に勝負の行方はPK戦へ。東京行きのチケットは三人が成功したサンパウロFCが手にする。10月12日来日前のノレスト戦では超ロングシュートを含む1試合6得点の活躍で好調をアピール。

【世界一の称号を手にした伝説のフリーキック】

 1992年12月国立でのインターコンチネンタル・カップはこの動画のハイライト。ヨハン・クライフ率いるFCバルセロナが12分に先制。27分、左サイドからのライナー性のクロスを胴体でコースを変えて同点に。そして79分、サンパウロが好位置でFKを獲得。ライーが一度軽くボールを流すとカフーが止め、再びライーが右足を鋭く振り抜いた。弾道がゴール左隅に吸い込まれるのをスビサレータは見送るしかない。ベンチも含めトヨタカップの歴史でも屈指の豪華な顔ぶれも、主役ライーの引き立て役でしかなかった。

 ライーはパリサンジェルマンに移籍後再びサンパウロにて国内復帰。1998年の州選手権決勝はキャリア最後の大一番。背番号23がヘディングでゴールを決めた《2分33秒》の映像。そして隣で歓ぶ11番のドリブラー、デニウソンへと天才の称号は世代を交代する。

About the Author:

Yoshitaka Yokozawa
1964年生 / 東京都在住 NPO・NGOの経験を活かしてサッカルチャー・チャアマンをしてます。 本業は国際交流コンサルタント。文化催事の企画運営や講演など欧州と国内をころげまわってます。 サッカルチャーコラム連載では欧州蹴球文化探訪(全41回) 同ベルギーの光と闇(全27回)※最終話そのうちUPします。 長靴の国で観た異邦人たち(全21話) サッカルチャー・ホームタウン秘書室(2017年~ 同 日本人が知らないアーセナル 全8回含)他。 サッカルチャーやっててよかったのはバルセロナで故ヨハン・クライフに逢えたこと。世界各国の”秘書たち”とビールを飲むのもささやかな楽しみ。

Leave A Comment