アジア・チャンピオンズリーグ準々決勝、
ホームでの大敗で柏レイソルがトータルスコアで敗退が決まる。

その翌日ホーム万博でも
アウェーゴールの適用で一時は全北の前に散りかけたガンバ大阪

その時、遠藤からの鋭いスルーパスがキム・ヨンジャへそして倉田へ。

この奇跡はここしばらくのALCでの日本クラブ勢の劣勢を
この上ない形で打開してくれるものであった。
ではその奇跡を振り返ってみよう。

【戦いに望むあたってガンバの懸念】

ガンバは8月26日、敵地の全州ワールドカップ競技場で行われた1stReg.
累積警告で今野を欠いて臨んだが、
なんとか引き分けで終わった。

しかしこの試合の終盤に、必要とは思われないファウルをしてカードをもらった宇佐美。
累積2枚目で2ndRegは出場できなくなった。