テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ACL準々決勝 ミラクルガンバ アジアへの跳躍を目指して

アジア・チャンピオンズリーグ準々決勝、
ホームでの大敗で柏レイソルがトータルスコアで敗退が決まる。

その翌日ホーム万博でも
アウェーゴールの適用で一時は全北の前に散りかけたガンバ大阪

その時、遠藤からの鋭いスルーパスがキム・ヨンジャへそして倉田へ。

この奇跡はここしばらくのALCでの日本クラブ勢の劣勢を
この上ない形で打開してくれるものであった。
ではその奇跡を振り返ってみよう。

【戦いに望むあたってガンバの懸念】

ガンバは8月26日、敵地の全州ワールドカップ競技場で行われた1stReg.
累積警告で今野を欠いて臨んだが、
なんとか引き分けで終わった。

しかしこの試合の終盤に、必要とは思われないファウルをしてカードをもらった宇佐美。
累積2枚目で2ndRegは出場できなくなった。

About the Author:

しゅうたろう
住所:東京都  年齢:40代  趣味:サッカー以外としては、文芸評論と写真撮影が趣味。世界のビールを飲むのが楽しみ。 サッカー歴:サッカーをより濃く関わるようになったのは、ドリームキャストという当時SEGAが発売していたゲーム機でサカつくを購入したこと。このゲームはウイイレと違って、選手を操作するのではなく、監督として戦術と戦略を練るとともに、オーナーとして経営をこなさなければならない。このゲームを攻略するべく一念発起してサッカーを勉強することを決意、そのためスカパーに契約して中田がセリエAを参加するようになったころからテレビ観戦を続ける。結局それが今に至る。 国内チームは地元のFC東京を応援、SOCIOとして味スタのゴール裏でビールを飲む。ただしホームよりアウエイでスタジアムグルメを頬張るのが何よりも楽しみ。

Leave A Comment