テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

マインツVSヴォルフスブルク 〜日本人選手の海外挑戦を考える〜

ドイツブンデスリーガの第12節、マインツVSヴォルフスブルクを見る機会があったので、書いてみたいと思う。

冒頭で言うのも日本人として少し心苦しいのだが、個人的な感情として、武藤はもっと失敗すると思っていた。
これには理由があって、武藤には違った技術や才能をつけて欲しかったからだ。
もちろん国内で活躍していた頃から技術はあったとは思う。しかし、スピードが最大の武器であり、それ以外はそれなり。それでも日本代表としてやっていくぐらいのものを持っている。言い方は悪いが
まだその程度なんだと思う。
一躍注目を浴びて、いきなり海外移籍。というのはサッカー選手としては最高のシナリオだろう。
しかし、そこで成功してしまう。ということは、つまり今までの自分を肯定することになってしまう。
場合によっては慢心してしまうことに繋がる可能性があるということだ。
決して武藤が慢心してしまい向上心がなく現状維持で終わるような選手ではないことは理解している。
しかし、通用してしまうことで【今までの自分にプラスして改善、技術の追加をする】程度に留まってしまうことは、武藤にとっても、今後の日本にとってもすごく勿体無いような気がするのだ。

宇佐美が海外挑戦で木っ端微塵に潰されて帰国した際、
宇佐美は【今の自分ではダメだってはっきりわかってよかった】と自己評価しました。
ここで折れるような選手もいるでしょうから、リスキーなことかもしれない。
しかしこれを自分の中で落とし込み、理解することで、【今までの自分】ではなく、【新しい自分】の選手像を自分自身が意図を持って作り出すスタートラインに立てることは、すごく幸せなことだと思うのだ。
『今のお前じゃダメだ!ゼロから作り直せ』と他人から言われるより、『今の自分じゃダメだ!ゼロから作り直そう』と自分理解の中で感じれることは、同じゴールでも出来上がる完成品は全く違うものになると私は思う。

また、試合そっちのけで語ってしまったが、ゲームとしては、武藤の前からのプレスが功を奏し、前半31分の武藤を起点に1点、後半30分には武藤のアシストで追加点、2−0でマインツが勝利した。
今季6ゴール2アシスト、今の所申し分ない結果であることは紛れもない事実であり、チームの哲学を理解し、自分の役割を全うする武藤は凄いとしか言えない。

About the Author:

年齢:20代 サッカー歴:幼稚園からサッカーを始め、現在まで細々と続けている。一時は某クラブチームに所属していたこともあるが、早々にリタイアし、今では時折試合の評価や、独自の観点で試合のターニングポイントを解説する。

6 Comments

  1. 通りすがり 2015年11月11日 at 3:42 PM - Reply

    ここまで的外れな記事は久々に見た。もっといろいろお勉強してくださいね、としか言えない

    • Soccerlture 編集部
      Soccerlture 編集部 2015年11月11日 at 4:53 PM - Reply

      >通りすがり様
      コメント有難う御座います。
      貴重なご意見を頂けることでライターはさらに精進できることと思います。
      ぜひ、的外れと感じられた箇所など、ディスカッションの対象として頂き、意見交換の場として活用して頂けましたら幸いで御座います。

  2. crown 2015年11月11日 at 4:00 PM - Reply

    武藤についてですが、代表やFC東京では周囲の選手とあまり絡めなくて孤立する方が多かった。でもマインツではマリやデブラシスらと好連携を見せることが多いのは、彼の成長とも思えます。あるいは彼が海外向きの選手なのかもしれません。

    • Soccerlture 編集部
      Soccerlture 編集部 2015年11月11日 at 4:49 PM - Reply

      >crown様
      コメント有難う御座います。
      彼の成長、海外向きの選手、という見方、すごく納得いきますね!
      今後、研究されてきた時に武藤がどういった成長を見せるのかも楽しみです。

  3. タクロー 2015年11月11日 at 9:03 PM - Reply

    何ともフォローのしようがない酷い記事ですね。武藤の武器がスピードで、後はそれなりと思っている時点でライターとして失格です。なぜ武藤が1トップでそれなりの成績を収められているのかが分かっていないし、むしろスピードをオマケとして捉える方が良いと思います。

    そして違った技術や才能を具体的に書いてください。恐らくこのライターさんには武藤の欠点があまり理解できていないのでしょう。だから武藤に何が必要なのかが分からない。今後観戦する者が武藤のどこに注目すれば良いのか、何の成長を楽しみに待つべきなのかを書くべきですね。

    それと、私が言うのもなんですが、文章の書き方自体が稚拙。ですますで締めたり、~だと書いたり、基本ルールがむちゃくちゃですね。

    • Soccerlture 編集部
      Soccerlture 編集部 2015年11月12日 at 1:13 AM - Reply

      >タクロー様
      コメント有難う御座います。
      貴重なご意見まで頂戴し、嬉しく思います。
      タクロー様のおっしゃる通り、ライターの中にはライターとしてまだまだ未熟な者もおります。
      それに、ライターによってはかなり偏った持論を持っている方もおります。
      タクロー様の方がよっぽど素敵な観点で選手やチームを見ることができるかもしれません。
      ぜひ、タクロー様のような素敵な方に、今後ライターとしてご活躍頂きたいと思っております。
      ライターへのご応募お待ちしております。

Leave A Comment