テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

クラブW杯3位決定戦、広島VS広州恒大 〜世界に通じた広島サッカー

全世界へ向けて発信した「広島サッカー」で掴んだ世界3位

【FIFAクラブW杯・3位決定戦】
サンフレッチェ広島2―1広州恒大

<得点者>
[サンフレッチェ広島]ドウグラス(71,84分)
[広州恒大]パウリーニョ(4分)

“世界3位”へ向けて再びの6人替え

 それぞれ準決勝でリバープレートとバルセロナに敗れたアジア勢同士の対決となった3位決定戦。サンフレッチェは準決勝で今大会2枚目の警告を受けて出場停止のDF千葉和彦の代役に宮原和也が入り、ボランチのMF森崎和幸やシャドーのドウグラスといった疲労の色が濃い主力選手も先発を外れた。MF丸谷拓也やFW浅野拓磨など若手が先発に抜擢され、MFミハエル・ミキッチやFW佐藤寿人、DF水本裕貴も先発に復帰するなど、リバープレートとの準決勝から先発メンバーを6人変更。開幕戦のオークランド・シティ戦でもJリーグCS決勝から6人を入れ替え、そこから準々決勝のマゼンべ戦でも6人替え。過密日程の中、森保監督は今大会3度目の“先発6人替え”を決断した。

 対する広州恒大は準決勝のバルセロナ戦で負傷した左SB以外は従来のベストメンバーを揃える布陣。MFパウリーニョを筆頭に、ブラジル代表歴のある選手をセンターライン軸に据えた豪快なメンバーが揃った。ただ1カ所の変更点だったのがFWエウケソンと共に、中国代表の長身FWガオ・リンも先発起用された事。この2人が2トップに入り、普段は1.5列目でプレーするブラジル代表FWリカルド・グラウもトップ下や左サイドに入りながらプレーする超攻撃的布陣でサンフレッチェに挑んで来た。

 決勝のバルセロナVSリバープレートを待つ会場の異様な雰囲気と共に、来季のアジアの覇権を争う意味でも重要な3位決定戦がスタートした。

【マッチレポート】相手の奇襲で先制許すも徐々に対応して決定機を量産

 試合の方はやはりガオ・リンを最前線に起用するなど普段よりも攻撃的に出て来た広州恒大がキックオフから激しく圧力をかけて来る。それに対して千葉が欠場する中でセンターラインに若手選手が多く抜擢されているサンフレッチェの試合運びがバタついた。そして開始早々に試合は動いてしまった。

 4分、広州恒大が左からのショートCKを選択するのに対して対応が遅れたサンフレッチェはファーサイドへのクロスでも競り負け、1度はGK林卓人のセーブで防ぐも、こぼれ球を拾われて最後はMFパウリーニョに押し込まれて先制点を許す。

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment