テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

昨季のリーグ王者・広島で台頭する宮原和也〜満を持してのボランチでの勝負

 昨季リーグ王者・サンフレッチェ広島で台頭する宮原和也

 昨季の明治安田生命J1リーグチャンピオンシップを制したサンフレッチェ広島。直近4シーズンで3度目のリーグ優勝を果たした王者だが、今季は開幕からやや躓いている。昨季は全34試合でリーグ最多の73得点、リーグ最少の30失点で絶対的な強さを見せていたが、公式戦5戦未勝利が続いている。

 2月20日に前年度のJ1リーグと天皇杯の王者同士が激突するゼロックス・スーパーカップからシーズンが始まり、見事にこの試合でガンバ大阪を3-1と下して今季最初のタイトルを獲得したが、その後はACL2試合とJ1開幕戦で3連敗を喫してしまい、その後のJ1リーグも名古屋グランパス、湘南ベルマーレを相手に1-1の引き分けと未勝利が続いている。

 AFCチャンピオンズリーグに参加しているため、過密日程が続いている。現在はまだまだ手探りの状況だ。Jリーグ最優秀監督賞を史上最多タイの3度受賞している森保一監督は、昨季辺りから常々、「我々には2チーム分の戦力がある」と言ってのけ、今季序盤の5試合でも大幅なメンバーの入れ替えを行っている。

変革の時か?ボランチで台頭し始めた宮原和也 中盤の構成と最終ラインの組み立てが顕著に変化

 そんな中、今季を迎えるにあたっての補強で、やや不思議に思うことがあった。昨季JリーグのMVPを獲得したMF青山敏弘は替えが利かない存在ではあるものの、彼のバックアップを高卒ルーキーのMF森島司だけに留めた事だ。ボランチに関してはクラブW杯でMF丸谷拓也が台頭して来たものの、おそらくこれは、DF/MF宮原和也に期待している部分も大きく感じた。

 Jリーグ屈指のイケメン選手としても人気の宮原は、高校3年生で飛び級昇格してから今季でプロ4年目。下部組織に所属している頃から“森崎和幸の後継者”と言われながらも、これまでは右ストッパーとして起用されて来た。それが今季はすでにボランチとして3試合連続で先発起用されている。特に青山とボランチを組んだ名古屋戦では、欠場したチーム最年長のMF森崎和の役割を担い、最終ラインから十分にゲームをコントロールしていた。今季は宮原にとって飛躍の時かもしれない。

 その名古屋戦の宮原のパフォーマンスについて、「森崎和以上のインパクトを残せなかった」との批評もあるが、あの役割は目立っていたら逆に失敗だろう。実際、FCソウル戦での宮原は目立っていた。悪い意味で。森崎和が昨季のリーグ優秀選手にも選ばれない日本サッカーの悪い部分をここでも散見したように思う。

 また、名古屋戦の宮原は正確な技術と的確な判断力によりチームに新たな変化ももたらしていたように見えた。それは宮原が森崎和よりも展開力に乏しいからかもしれないが、彼がボールを持つと隣でサポートに入る左ストッパーの佐々木翔がボールを持ち運びやすいように、相手のプレスを吸収した上でスムーズにパスを配給できる事だ。これにより、名古屋戦での佐々木は幾度も球筋の長く鋭い縦パスや、フィニッシュ直結のロングキラーパスを通し続けた。佐々木の躍動には宮原の貢献も大いにあったのだ。

 森崎和も本来はボランチの選手だったが、現在のサンフレッチェのスタイルを定着させたミハイロ・ペトロヴィッチ監督(現・浦和レッズ)が就任してから2年ほどは右ストッパーとして起用されていた。宮原はトップチームでレギュラーとして起用されて来たわけではないが、紅白戦などのトレーニングで右ストッパーを継続的にこなす事から感じた“新たなボランチ像”も見えて来たはずだ。“森崎和幸の後継者”と言わず、“ボランチ・宮原像”を磨いてもらいたい。

By | 2017-04-21T21:51:36+00:00 3月 19th, 2016|Categories: J1リーグコラム, コラム|Tags: , , , |0 Comments

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment