no-image

仁義なきカルチョの戦い (セリエA第15節 ユベントス対サンプドリア)

「監督、今日は暴れさせてもらうぜ」

とテベスがミスターアッレグリに言うと、
ミスターはこういった。
「この前はしょっぱい試合に付き合ってくれてご苦労だった、改めてお礼を言う。まああの時は相手が悪かった。何しろ監督が『あいつ』だったからな。でも『一流』であるお前たちにあんな真似をさせることはとても苦しかったことだけは信じて欲しい。」

「監督・・・」
ビダルが目を赤くしながら思わず口に出した。

ミスターはこちらに顔を向けた
「だから今日は何も言わん。好きなだけ暴れてこい!」

「おう!」

選手たちはそう叫ぶと、目を輝かせピッチに移動を開始した。その時
ミスターはこう付け加えた。
「ただし、会長には迷惑をかけるなよ!」

テベスは汗が出てきた。
肩に手をかけてきたのはブッフォンだった。
優しい目をしていた。