テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

日本対ジャマイカ キリンチャレンジカップ

アギーレ監督になってから2試合目。
また選手が大きく変化した。

香川が代表復帰し細貝がアンカーの位置に入り、
ブンデスリーガで現在得点王の岡﨑と成長著しい武藤。
そしてミランで評価を上げつつある本田。

注目点はいっぱいあるが、あえて後ろの三人にこだわりたい。

スタメンのGKが西川なのは特に驚かないが、
最後ラインの三角形をくむCBが森重と塩谷というのがファンをうならせる。

西川は大分、広島を経て現在浦和の守護神となったが、
その大分時代に森重と、広島で塩谷と一緒にやっている。
特に森重と西川はシャムスカ監督の下で4シーズンやっている。
大分が経営破綻したあと、森重は東京へ西川は広島へ移籍してしまったが、
それぞれサッカー選手としてJリーグを代表する選手になった。
塩谷は2シーズンほど広島で西川と一緒だったが
西川先輩の背後から聞こえるコーチングは彼をCBとして成長させたのは間違えないだろう。

その3人がトリオを組んだ。
まだレギュラーを勝ち取ったとはいえない面々だが、
吉田の負傷で偶然並んだわけだが、予想以上に安定感を出した。

About the Author:

しゅうたろう
住所:東京都  年齢:40代  趣味:サッカー以外としては、文芸評論と写真撮影が趣味。世界のビールを飲むのが楽しみ。 サッカー歴:サッカーをより濃く関わるようになったのは、ドリームキャストという当時SEGAが発売していたゲーム機でサカつくを購入したこと。このゲームはウイイレと違って、選手を操作するのではなく、監督として戦術と戦略を練るとともに、オーナーとして経営をこなさなければならない。このゲームを攻略するべく一念発起してサッカーを勉強することを決意、そのためスカパーに契約して中田がセリエAを参加するようになったころからテレビ観戦を続ける。結局それが今に至る。 国内チームは地元のFC東京を応援、SOCIOとして味スタのゴール裏でビールを飲む。ただしホームよりアウエイでスタジアムグルメを頬張るのが何よりも楽しみ。

Leave A Comment