no-image

キリンチャレンジ杯、日本VSイラク ~宇佐美は魅せたが新たなスター決め打ち報道に危険あり

宇佐美は3点目のアシストで魅せたが・・

キリンチャレンジカップ

日本代表4-0イラク代表

<日本代表>本田(5分)、槙野(9分)、岡崎(32分)、原口(84分)

2軍のイラク相手に当然の快勝

 今年初頭に豪州で開催されたアジアカップでベスト4に進出したイラク。同大会のグループリーグ第2戦では当時のハビエル・アギーレ前監督時代の日本とも対戦。日本にとってはグループ内最大の敵でしたが、PKによる1得点のみでの勝利でした。その後、日本はベスト8でUAE相手にPK負けを喫する中、イラクはベスト4進出。特にU22以下の下部年代の代表で現在のアジア最強を誇る若手集団です。

 しかし、この日の日本代表の前に現れたイラク代表はアジアカップのメンバーからは格落ちの言わば2軍クラス。後半からMFヤセルなどが投入されたものの、直後のW杯予選へ向けて主力は温存された模様。(その後、W杯予選のインドネシア戦がFIFAからの指令で解除となった。)また、時差調整も出来ていないような印象で身体が重そうな選手が多いイラクの控え組相手にホームの日本が4-0と快勝する試合でした。

 5分、自陣で中盤のルーズボールを拾ったMF柴崎岳から最前線で相手DF裏を狙うMF本田圭佑へワンタッチで球足が長い速いスルーパスが通り、本田が落ち着いて持ち込んでGKとの1対1を制して先制。続く9分には左CKからニアで擦らしたボールで相手GKが不用意な飛び出し。ボールがファーサイドに流れ、DF槙野智章が無人のゴールへ押し込んで追加点。32分には中盤でのパスワークからバイエルエリアのギャップでボールを受け、前を向いたFW宇佐美貴史がドリブルで仕掛け、相手DFの密集を引き付けて左側にスペースを作り、そこへ走り込んだFW岡崎慎司へ流す最高のお膳立て。岡崎がタイミングを外しながら冷静に決めて3点目を奪い、前半だけで3得点の大量リード。シュート数も日本の11本に対してイラクは終了間際の直接FKでの1本のみという内容で折り返しました。

 後半は運動量が落ちた日本。選手交代も遅く、停滞したムードが続きました。ただ、66分に途中出場したFW原口元気が84分に積極的にアピールしたい気持ちを全身に漲らせて表現したドリブル突破からのゴールが決まって4点目。そのままに日本が大差で勝利した試合となりました。

宇佐美は確かに魅せたが・・・ 危惧される「スター決め打ち」報道

 中4日の火曜日に行われるロシアW杯2次予選の初戦となるシンガポール戦へ向けて快勝でした。ただし、後半は観ているサポーターは誰もが思ったんではないでしょうか?
「前線の選手はやる気ある?3得点で満足してしまったのか?」と。
特に得点した本田や岡崎、実績のある香川真司が調整的に前半だけで3得点した親善試合の後半で流しながらプレーする、というのなら理解できますが、宇佐美がアシストしただけで「調整モード」に入るのはいただけない。