テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ACL・GL第3戦、広島VSブリーラム〜ジャガーの2ゴールで初勝利!

ジャガー浅野が2ゴールを奪って初勝利

【AFCチャンピオンズリーグGL第3戦】
サンフレッチェ広島3-0ブリーラム・ユナイテッド

〔得点者〕
<サンフレッチェ広島>浅野(42、55分)、清水(81分)

公式戦5戦未勝利が続くリーグ王者 移籍後初先発の宮吉を含む前線は若手トリオ

 昨季のJリーグ王者であるサンフレッチェ広島だが、今季はAFCチャンピオンズリーグと明治安田生命J1リーグを合わせて5試合戦って未だに勝利なしの2分3敗と苦戦している。特にこのAFCチャンピオンズリーグでは2戦2敗となっており、すでにグループリーグ突破は赤信号に近かった。

 アウェイでの第2戦・FCソウル戦で直近のリーグ戦から主将MF青山敏弘も含めて8人の先発メンバーを変更した上で4-1と惨敗した際に、起用法に関して大きな批判を受けた森保一監督。しかし、この日も、直近のリーグ戦から先発メンバーを6人変更して挑んだ。特に前線3人は総替わりし、今季京都サンガから加入した23歳のFW宮吉拓実が移籍後初先発に抜擢され、21歳のFW浅野拓磨と同級生のMF野津田岳人と若いトリオに期待がかかってのスタートとなった。

【マッチレビュー】前線の若手3人で奪った先制点

 試合の方はホームのサンフレッチェが序盤から主導権を握って押し込む。引いた相手を前に最終ラインから丁寧にパスを繋ぎ、中央もサイドも幅広く使って攻撃していく。

 若い3人が個人単位でシュートへの意識を強く見せて積極的果敢にゴールを狙う。浅野がロングボールから抜け出すパターンをアクセントとして入れつつ、野津田がミドルシュートを狙い、ギャップを突く宮吉も攻撃に絡んだ。そして、次第に同期の野津田と浅野は2人のパス交換で突破していく場面も出て来て、新加入の宮吉は左サイドで清水航平との連携を合わせ始めた。確実に攻撃にバリエーションが出来て来た。

 そして42分。相手が自陣左サイドでボールを繋ぐところを野津田がボールを奪って、宮吉へ。宮吉は相手DF裏のスペースへ走る浅野へ、「ここしかない」スルーパス。抜群のスピードで相手DFを振り切り、GKと1対1に持ち込んだ浅野が冷静に右足のシュートを流し込んでサンフレッチェが先制。期待の若手3人で奪い切った得点だった。

About the Author:

Soccerlture 編集部
Soccerlture編集部です。

Leave A Comment