テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

【連載】サイドバックから考える現代サッカー~時代や戦術に翻弄され、求められた“ハイブリッド化”

 「後半もマルセロが出ていたらどうなっていたか?繋げるサイドバックが出ていたら、また後手に回っていたかもしれない。」


 11月10日、フランスで行われたブラジル戦で前半に3失点を喫した日本代表のFW原口元気が発した言葉だ。“王国”の左サイドバックを務めるマルセロ(レアル・マドリー/スペイン)は前半のみの出場で交代したのだが、SBながらゲームメイカーのような大きな存在感を放っていた。

 現在のSBは、「守備をするだけではいけない時代」を経て、「攻撃と守備でタッチライン際をアップダウンし続ける時代」も越えた。ワイドの開いたポジションでパスの“受け手”になるだけでなく、マルセロのようにパスの“出し手”となる選手も現れた。もはや、「攻撃的SB」と表現するだけでは、その選手の持ち味を正確に把握できない時代なのだ。

 ブラジル代表ではそんな「ゲームメイカー」マルセロもいれば、ダニエウ・アウベス(パリ・サン・ジェルマン/フランス)のように高い位置をとるウイングのような選手もいる。ベルギー代表のヤン・フェルトンゲン(トッテナム/イングランド)のように本職はセンターバックの選手もいる。そして、戦術的に最先端を走るマンチェスター・シティでは、MFのファビアン・デルフが左SBを務めたことが“ラストピース”となって快進撃を続けている。

 GKにも足下の技術が要求され、FWも「最初のDF」として守備のタスクが必須となった現代サッカー。その中で最も進化したポジションと言えるサイドバックは、如何なる進化過程を辿って来たのか?

 『【連載】サイドバックから考える現代サッカー』。SB誕生の歴史を世界各国からの視点で振り返った前回を経て、今回は進化し続ける現代サッカーに翻弄されながらも、ハイブリッド化されたSB。その上で攻撃力を求められるようになった要因を、近現代のポイントごとに考察していこう。

【バックナンバー】『【連載】サイドバックから考える現代サッカー』

≪第1回≫「世界のイチローのように固定概念を覆す!」
≪第2回≫「SB誕生の歴史的背景」

“花形ウインガー”全盛の時代=守備の人

 サッカーは自由さと曖昧さが入り込む“余白”があるスポーツだ。それゆえ、その国の文化まで反映されるため、世界各国で愛され続けている。ただ、世界各国の視点や角度によって捉え方も異なるわけで、SB誕生の歴史は欧州と南米では特に異なっていた、という話が前回までの流れだ。

 その後、1958年に行われた第6回・W杯スウェーデン大会で17歳の“王様”ペレを擁したブラジルが初優勝。その魅惑の攻撃サッカーと<4-2-4>のフォーメーションが全世界に普及していった。もっとも、普及したのは4バックだけと言えなくもないが。

 WMフォーメーションから始まり、4バックも普及するとなると、中央突破は難しい攻撃だと考えられた。ただ、サイドでは1対1になる局面が多いこともあり、この頃からサイド攻撃に焦点が集まり始めた。その「1対1の攻防をどう魅せるのか?」が各国の色となり、欧州ではスピード、南米ではテクニックでDFを翻弄するウインガーが注目を浴びる時代となった。サイドを主戦場とするジョージ・べストやガリンシアがスターになったのは時代の流れなのかもしれない。

 そんな華麗な個人技や爆発的なスピードで突破を図るウインガーとマッチアップするのがSBだった。当然、SBの最重要タスクは「ウインガーを止める守備」であり、それゆえスピードや敏捷性が求められた。当時のSBは完全に「守備の人」だった。

About the Author:

hirobrown

創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment