テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ファルカオ!マンU経由レアル行き!

 ヨーロッパ移籍市場で駆け込みでマンチェスターユナイテッドに入団したコロンビア代表ファルカオ。

彼の実力には疑いようがない。W杯には、怪我で出場することが出来なかったが、クラブチームでは底知れぬ得点感覚でゴールを量産してきた。

そんな彼は、なぜ?モナコに行き、プレミアリーグのマンチェスターユナイテッドとワンシーズンの契約をしたのだろうか。

 憶測に過ぎないが、スペインの名門であるレアル・マドリッドと契約をするためではないかと波紋を呼んでいる。レアル・マドリッド移籍に当たり、禁断のルールがある。それは、同じマドリッドのクラブからの入団である。
つまり、アトレティコ・マドリッドからレアル・マドリッドに入団することは禁断の移籍となっている。ファルカオは、アトレティコ・マドリッドでプレーしていた経歴がある。

 そこでの活躍は当然、レアルにも伝わっている。アトレティコ・マドリッドで契約をした以上、何処か間を挟まないとレアル・マドリッドには入団出来ないので、レアル・マドリッドに入団するためにフランスリーグのモナコに行ったのではないかという憶測も飛び散っている。
 そんな彼がなぜ?今、マンチェスターユナイテッドへ行ったのだろうか。期限付き移籍からみても、レアル・マドリッドに来シーズン入団するためではないのだろうか。

 ファルカオ自身は、スペイン行きがなければプレミアリーグでの挑戦を、と前々から希望していた。チェルシーかマンチェスターシティが候補であった。
 しかし、チェルシーは、アトレティコ・マドリッドからジエゴ・コスタを獲得し、さらにマンチェスターシティからは、レギュラーは保証しないという通達を受けた。選手は、アピールするものだか、レアル・マドリッドに入団するためには、レギュラー確保は第一条件。そこで、今回ファルカオに白羽の矢を立てたのが、プレミアリーグのマンチェスターユナイテッド。

 今季、開幕ではスタートダッシュに失敗し、W杯の影響もあり、ファンペルシーがプレシーズンに遅れて合流したせいもあり、躓いている。ファルカオの入団は、吉と出るか、小と出るか、マンチェスターユナイテッド経由レアル・マドリッド行きの可能性は起こるのだろうか。今後のファルカオに目が離せない。

About the Author:

名前:ken teshima 年齢:24歳 出身:神奈川県 サッカー経歴(実践歴、コーチ歴、観戦歴など):サッカー歴5年, コーチ歴1年, 観戦歴2年, スペインリーグ2部, 2部B実質(3部)を中心に年間約30試合現地観戦 趣味:サッカー, 読書

Leave A Comment