テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

EURO2016予選 いよいよ終盤に向けて 来月の見どころ

EURO2016予選は第8節まで実施され、本戦への出場が決まった国も増加した。
前回に続き各グループをAからIまで見ていき、
来月行われる第9,10節の対戦も睨みながら
注目すべきポイントを押さえていきたい。
(前回関連コラムのタイトルが間違っていました。お詫びしたします。)

【グループA】

アイスランドとチェコの2位以内が確定し、本戦出場決定。
3位をトルコと勝点2で追うオランダが狙う。

アイスランドとチェコはお互いに1勝1敗で、あとは全勝している。
互角であるが、それよりも1節において、
アイスランドがトルコに、チェコがオランダに勝利しているのが大きい。
この好スタートが結果につながったと思われる。

オランダは第8節までに4敗しておりその実績から言えば惨敗と言っていいだろう。
CLにおいてもクラブレベルでさえ精彩を欠いているが、
代表レベルにおいても証明されつつあるわけで、
このままではオランダサッカーは絶滅してしまう。

残り2節の日程を考えると、トルコは第9節にチェコ、第10節にアイスランドと連戦が続く。
この上位二カ国もグループ1位の座を狙ってくるために戦力を落とすとは考えにくく、
カザフスタン、チェコと残っているオランダのほうが、トルコよりもやや有利かもしれない。
だから10月10日のカザフスタンで行われるオランダ戦が要注目試合だ。

By | 2017-04-21T21:51:48+00:00 9月 19th, 2015|Categories: コラム, ユーロコラム|Tags: |0 Comments

About the Author:

しゅうたろう
住所:東京都  年齢:40代  趣味:サッカー以外としては、文芸評論と写真撮影が趣味。世界のビールを飲むのが楽しみ。 サッカー歴:サッカーをより濃く関わるようになったのは、ドリームキャストという当時SEGAが発売していたゲーム機でサカつくを購入したこと。このゲームはウイイレと違って、選手を操作するのではなく、監督として戦術と戦略を練るとともに、オーナーとして経営をこなさなければならない。このゲームを攻略するべく一念発起してサッカーを勉強することを決意、そのためスカパーに契約して中田がセリエAを参加するようになったころからテレビ観戦を続ける。結局それが今に至る。 国内チームは地元のFC東京を応援、SOCIOとして味スタのゴール裏でビールを飲む。ただしホームよりアウエイでスタジアムグルメを頬張るのが何よりも楽しみ。

Leave A Comment