テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

忍び寄るサードパーティ・オーナーシップ問題

御存知の通り、サッカー界には巨額のマネーがうごめいている。
世界的人気競技であるサッカー。それがゆえにワールドカップをはじめ何億人ものひとが様々な形で関わっている。

そして人が多く集まるところ、また多くのマネーが集まってくる。
サッカーはその単純なルールと簡単な設備で楽しめるということで世界中に広まった。

しかしそれは昔の話、今や複雑怪奇な世界へと膨張した。
とはいえ日々進化するサッカー、その巨額マネーが対価として正当なもの、必要コストとしてそれに見合うものであれば仕方ないだろう。
よりスペクタクルで、より知的で、より多様化したものを求め続けているのは何よりも我々サッカーファンなのだから。

しかし多くのマネーが必要以上に釣り上げれ、またその一部は裏社会へ流れ、
世界の暗黒勢力の収入源にもなっていると言われている。
ただこうしたはっきりとブラック社会と関わるものよりももっとはっきりしないのがグレーゾーン。
そこで暗躍しているのが代理人と言われる人たちだ。
この勢力はこっそりとマネーをかすめ取るのではなく選手とクラブに取り入り
巨額マネーを背景に単にビジネスだけでなく、サッカーそのものを自らの利益のために動かそうとしていて、
FIFAなども警戒していた。
ところがFIFAは代理人をライセンス制にしてコントロールしようとしたが、正式に断念した。
公式な理由ははっきりしないがFIFA自体が代理人多くが選手の肉身でありこの人達にライセンスを強制するのが非現実的であるといえる。
しかし多くの肉身はビジネスの素人であり、またそれゆえにトラブルも多い。
先日もネイマールの父親に公表されている以上のマネーが流れている噂もあった。

さてこの代理人制度はあくまで選手の代理であって、基本的には選手の利益の最大化が目的である。
しかし代理人の力は増す一方であり、しかも腕利きの代理人は多い人で100人以上の選手と契約を結ぶ者もあり
いくら有能な代理人であってもその全てを管理すことは不可能であるはずだ。
さらにマネジメントそのものや世界中に網をはらなければならない情報網など
必要となるコストもかさんでくる。

By | 2017-04-21T21:52:22+00:00 12月 7th, 2014|Categories: コラム, その他コラム|Tags: |0 Comments

About the Author:

しゅうたろう
住所:東京都  年齢:40代  趣味:サッカー以外としては、文芸評論と写真撮影が趣味。世界のビールを飲むのが楽しみ。 サッカー歴:サッカーをより濃く関わるようになったのは、ドリームキャストという当時SEGAが発売していたゲーム機でサカつくを購入したこと。このゲームはウイイレと違って、選手を操作するのではなく、監督として戦術と戦略を練るとともに、オーナーとして経営をこなさなければならない。このゲームを攻略するべく一念発起してサッカーを勉強することを決意、そのためスカパーに契約して中田がセリエAを参加するようになったころからテレビ観戦を続ける。結局それが今に至る。 国内チームは地元のFC東京を応援、SOCIOとして味スタのゴール裏でビールを飲む。ただしホームよりアウエイでスタジアムグルメを頬張るのが何よりも楽しみ。

Leave A Comment