テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

【連載】サイドバックから考える現代サッカー~世界のイチローのように固定概念を覆す!

 そんなイチローや日本野球は細かい駆け引きが多い。盗塁なんて大き過ぎるくらいだ。

 特にノーアウトや1アウトでランナー1塁という場面を想像して欲しい。1塁ランナーはフライアウトだと帰塁しなければいけない。しかし、野球では、「打者のバットにボールが当たったら、ランナーも走る」という“ヒット&ラン”という戦略がある。

 この戦略を遂行するためにはランナーの走力はもちろん、「打者がバットにボールを当てる事と地面に叩きつけるようなイメージでバッティングする」技術面が戦略として求められる。打者の自由を制限されるためにアメリカでは好まれないが、組織野球の日本ではこれを多くの選手が遂行できるため、どのチームも1試合の中で何度もこの戦略を採用する場面が見られる。

 右打者が多いのは日米共通だが、この“ヒット&ラン”を頻繁に使う日本野球では、右打者が引っ張らずにライト方向に打つ「流し打ち」の技術が重用されるようになった。

 そして、ヒット&ランと右打者の流し打ちにより、ライトを守る外野手にも特殊技能が求められるようになった。つまり、「一塁ランナーが三塁まで行くのを阻止する」送球能力だ。イチローはそのコントロール抜群の強肩でランナーをアウトにする“レーザービーム”を持って、ライトというポジションの重要性を高めた外野手でもあるのだ。

 現在の野球界では8番打者に、「打率は低いけど長打力抜群で1発がある“恐怖の8番”」を用意したり、ピッチャーを8番にして9番にも「打てる打者」を入れて1番打者に繋ぐ打線の組み方も一般的となった。

 このように、通称“ライパチ”は死語となり、8番バッターもライト手もチームの重要な役割を担う選手となっていったのだ。

サイドバックから考える現代サッカー

 サッカー界でのサイドバックはどうか?

 現在のトップレベルを行くサイドバックの選手はたいてい、高校生以降でFWやサイドアタッカーなどの攻撃的なポジションを担っていた選手がコンバートされた選手が多い。プロになって初めてサイドバックをした選手も多い。逆にサイドバックの選手が他のポジションへとコンバートされたような例はあまり聞かない。

 せいぜいリードしたチームが終盤にサイドMFにもサイドバックの選手を投入して“2段重ね”でサイドを封鎖する守備固めをする時ぐらいだろう。バイエルン・ミュンヘンのフィリップ・ラーム(元選手)がボランチにコンバートされた事が注目されたが、サイドバックが他のポジションへコンバートされたからこそ珍しがられたとも言える。もっともレアル・マドリーのウェールズ代表FWギャレス・ベイルがサイドバックだったのは忘れられているが・・・。

 「FWでは使えない」、あるいは「3番手以下のFW」。そんな評価を受けた中でサイドバックにコンバートされた選手も多いはずだ。「FWではダメだが、サイドバックなら」と。まるで8番を打つライトフィルダーのようだが、野球界で“ライパチ”が死語になったような状況が、サッカー界のサイドバックにも起きている。
 
 「FWではダメだが、サイドバックなら」ではなく、「この能力はサイドバックでこそ活きる!」と、積極的なコンバートが増えたと感じられるし、サイドバックにも色んなタイプの選手が増えた。もともと別のポジションをしていた選手が多いのだから、様々なプレースタイルを持つサイドバックが多くなるのは自然な流れだろう。他のポジションの選手よりも期待を受けていなかったからか?自由に進化できた例も多いかもしれない。

 もう「攻撃的なサイドバック」と表現するだけでは、そのサイドバックの特徴を紹介しきれない。高いポジションをとってドリブル突破やスペースへの走り込みでガンガン突破を狙う選手なのか?

By | 2018-04-29T23:08:20+00:00 11月 8th, 2017|Categories: コラム, その他コラム|0 Comments

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment