テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

チャンピオンズリーググループリーグ第2節 レーバークーゼンvsベンフィカ 〜攻撃力復活。二年前の雪辱を晴らす〜

 2年前のヨーロッパリーグベスト32で顔を合わせたカードの再現となったレーバークーゼンとベンフィカの一戦。
特にベンフィカは昨シーズンはヨーロッパリーグで準優勝、ポルトガル、プリメイラリーガにも優勝しており、勢いを持ってチャンピオンズリーグに望んできたものの、初戦のゼニト戦を0−2で落とし、苦しい立ち上がりとなった。

 一方、レーバークーゼンはプレイオフにギリギリ滑り込む4位でシーズンを終了、プレイオフこそコペンハーゲンに快勝してグループリーグに進んだものの、こちらも初戦をモナコに0-1で敗れており、どちらも仕切りなおしとなる一戦となった。どちらもフルメンバーで臨んだ試合となったが、試合の主導権を握ったのはホームのレーバークーゼンだった。

 サイドから切り込んでいくソン・フンミンとカリム・ベララビと2トップのキースリングとハカン・チャルハノールが前線で流動的に動きながら攻め込んでくるスピーディな攻撃は、ベンフィカ守備陣を混乱に陥れた。
もちろん、ミスも多かったものの、そのミスを帳消しにする勢いでゲーゲンプレッシングを敢行していたことで、ベンフィカは完全にチーム不全を起こしていた。攻撃も散発的なカウンターが多く、レーバークーゼンを脅かすまでには至らなかった。

 後半、なんとか反撃の糸口を掴んだものの、一点を返した直後にPKを献上し、自ら勢いに水を掛けた形になってしまい、万事休す。レーバークーゼンは上位陣に食らい着く糸口を掴む勝ち点3を得た。

 ここまで調子の波があったレーバークーゼンだったが、これで一息つけそうだ。二週間の代表試合週間で選手の疲労をどこまで取り、控え選手に戦術が浸透するかが鍵になりそうだ。
 一方、ベンフィカにとっては痛い二敗目となった。流出した選手の穴を埋め切れておらず、総合力は昨シーズンより下がっているのではないか?ジェズス監督にとっては頭の痛いところであろう。

 グループCはゼニト・サンクトペテルグ、モナコ、レーバークーゼンの三つ巴の戦いになりそうである。

 次節、次々節のゼニトとレーバークーゼンの二連戦がグループCの動向を左右する、天王山となりそうだ。

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment