テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

インテル、ヤヤ・トゥーレ獲りに動くか?問題はFFP違反の可能性

 イタリア、セリエAの古豪、インテルは、来季の補強の目玉として、マンチェスター・シティ所属のコートジボワール代表MF、ヤヤ・トゥーレの獲得を狙っているようだ。

 移籍金として4360万ポンド(約77億円)を用意し、既にインテルのピエロ・アウリシオSDが代理人と接触しているという報道もあり、本気で獲得を狙っているようだ。

 彼の獲得はマンチーニ監督直々のオファーであると言われており、4年契約を用意しているということだ。

 ただ、ヨヴェティッチとの話し合いも継続している為に、インテル側としては買取オプション付でのローン契約を望んでいるようだが、シティ側に旨味がまったくない為、シティ側は売却を望んでいるようだ。

 問題は、既にフィナンシャル・フェアプレーに抵触して制裁の可能性がある以上、ヤヤ・トゥーレの獲得を強行できるかどうかにあると思われる。

 その場合、少なくとも4人から5人の選手を売却せざるを得なくなると思われるだけに、インテル側は厳しい判断を強いられることになりそうだ。

 シティ側としても、後釜候補が居ない以上、出来ればあと一年は居て欲しいと思っている節があるだけに、生半な条件では首を縦に振ることは無さそうだ。

 31歳の選手に4000万ポンド以上を費やすのが果たして正しいのかどうか。

 運動量で勝負するタイプではなく、サッカー脳と動きの質で勝負するタイプの選手であるだけに、活躍できる時間はまだあるだろう。

 若手の生きた手本として、マンチーニの元でもう一花咲かせるのか否か。

 来シーズンのインテルの命運を左右しそうな移籍になりそうなだけに、大注目となるだろう。

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment