テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ミラン、デ・ヨング放出に動くか?マンチェスターUとシャルケが一騎打ちに

 日本代表MFの本田圭佑が所属しているミランは、不動のスタメンであるオランダ代表MFのナイジェル・デ・ヨングを一月の移籍市場で売却する可能性があるようだ。

 彼の契約は今シーズンで切れる為、ミラン側はデ・ヨングの代理人と契約延長の交渉を行っているようだが、サインを渋っているようなのである。

 というのも、デ・ヨング側は3年の契約延長を求めているのに対し、ミラン側は年齢的なリスクから2年までの延長での締結を望んでおり、条件が合わないことが原因のようだ。
 このままではシーズン終了後、フリートランスファーとなってしまい、ミラン側は一銭も移籍金を受け取れなくなってしまうことから、思い切って放出に踏み切るものと思われている。

 彼の獲得にはオランダ代表で教えを請うた恩師ルイス・ファン・ハール氏が率いるマンチェスター・ユナイテッドと日本代表DFである内田篤人が所属しているシャルケ04の2チームが有力候補に上がっている。

 特にシャルケはボランチの補強が急務となっており、今シーズン途中から就任したロベルト・ディ・マッテオ監督が彼の獲得を特に望んでいるといわれており、ケヴィン=プリンス・ボアテングの移籍でパイプが出来ているシャルケが若干リード中という噂がある。

 デ・ヨングの後継としてミランがリストアップしているのはレアル・マドリードのアシエル・イジャラメンディをリストアップしているようだが、さすがに彼を0円で獲得するのは難しそうだが、果たして移籍金を払えるのだろうか?

 また、デ・ヨングが中盤を支えているといって良かっただけに、彼を失うことでミランが失速しなければ良いのだが……。

 不安を抱えたまま、二月を迎えることになりそうだ。

By | 2017-04-21T21:52:15+00:00 1月 12th, 2015|Categories: 移籍情報|Tags: , , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代
出身地:埼玉県
サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ
趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment