テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ルカクを諦めない!ヴォルフスブルグは今夏も彼を追う

 リーグ戦再開戦ではバイエルン・ミュンヘンを4-1というスコアで破り、現在バイエルンに次ぐ2位につけて来季のチャンピオンズリーグ出場権をほぼ確定させた感があるヴォルフスブルグ。

 今シーズン以上の戦力を擁すべく、既に補強を着々と進めている。

 その中でも目玉になりそうなのは、エヴァートンに所属しているロメル・ルカクの獲得である。

 実は昨年の7月にも個人合意までこぎつけており、チーム間合意を残すのみまで進んでいたのであるが、チェルシー側が提示してきた移籍金3500万ユーロを揃えられず、移籍は破談、ルカクはエヴァートンへと移籍することとなった。

 クラウス・アロフスGMは、現在所属している二人のストライカーであるオランダ代表のバス・ドストとデンマーク代表のニクラス・ベントナーに全幅の信頼を置いていることを公言しているものの、チャンピオンズリーグでの強豪との対戦に備え、更なる前線の強化を図ると共に、チームの主軸として完全に定着しているベルギー代表MFのケヴィン・デ・ブライネの残留をより明確なものとしたい意図もあるようだ。

 また、ルカクもチャンピオンズリーグに出場を果たすことが出来るという魅力を持っているため、この移籍はまさに両者にとって魅力あるものとなりそうだ。

 移籍金に4500万ユーロを用意し、エヴァートンと交渉を進めているようで、来季は緑のユニフォームを見に纏ったベルギー代表の主軸をドイツの地で見ることになりそうだ。

By | 2017-04-21T21:52:02+00:00 4月 1st, 2015|Categories: 移籍情報|Tags: , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment