テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

宮市亮、トゥエンテとの契約打ち切りに見る若手の海外移籍の難しさ

 宮市亮の起死回生の一手になるはずだったオランダへの移籍は、どうやら失敗に終わりそうだ。

 オランダの地元紙の報道によれば、トゥエンテは宮市と交わした一年のローン契約を一月で打ち切る方針のようだ。宮市は、この一月中に再び新しい就職先を探すこととなるだろう。

 フェイエノールトでの活躍を見知っているトゥエンテ側に乞われ、一年でのローン移籍でトゥエンテに加入し、開幕から5試合に出場したものの、その期待を裏切り得点は0、アシストも無しという惨憺たる結果に終わってしまった。

 これにより、チーム首脳陣の信頼も急速に失い、ここ暫くはベンチ外の状況が続いていた。

 彼自身も暫く試合に出ておらず、スタミナや試合勘を失っていたということもあるだろうが、何よりも宮市にとって運がなかったのは、トゥエンテがオランダのエールディヴィジでは珍しい守備的な戦術を布くチームであったことだろう。

 その為、前線の選手にも守備のタスクが与えられるが、スタミナの無さも手伝い、攻守の切り替えが遅くなってしまっていた。

 結局、なんとか動けるようになったときには時既に遅し。チーム内に彼の居場所は無くなってしまっていた。

 アーセナルとの契約は2016年6月まで残っており、再びローンに出されることとなるだろう。

 噂されたJリーグへの移籍も、高すぎる年棒や移籍金が障害となり、実現はし無さそうだ。

 フェイエノールトが再び彼に手を差し伸べているようだが、果たして再び彼は光り輝けるのだろうか?

By | 2017-04-21T21:52:12+00:00 1月 28th, 2015|Categories: 未分類|Tags: , , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment