テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

HSVvsドルトムント 香川は前線のスイーパー?



ドルトムントのゲーゲンプレッシング高い位置でボールを奪いシュートカウンターで得点を狙うこと。
その真骨頂は相手が攻撃の体制時にボールを奪い守備の時間を作らせないこと。

堅守速攻ならず速守即効ということになるのだろうか。

また相手陣地に人が多くいること、フィードする長さもないことから、人が多く混み合っているところをショートパスでつないでいかなければならない。

大胆な戦法だが、決まった時の鮮やかさが光る。

しかしあまりも体力を消耗するするため、どこでも誰にでもできる戦法ではない。

一説ではバイエルンのように選手獲得にお金をかけられないので、安く揃えられる選手を集めた結果、体力がある若い選手が集まり、その体力を最大限有効に活かすためゲーゲンプレッシングをあみだしたと言われているが、むろんその逆の可能性もある。

いずれにしてもこの戦法はインパクトと結果を残してきた。

しかし今シーズンが始まるとドルトムントは最悪のスタートを切った。

とにかく勝てない。結果が出ない。
ズルズルと順位を落とし、降格圏どころか最下位まで見えてきた。

しかし長いウィンターブレイクに入ったブンデスリーガのスケジュールを利用して、クロップ監督はコンディショニングに留意しつつ、更にスタミナをつけさせるため走りこみを行った伝えられている。

About the Author:

しゅうたろう
住所:東京都  年齢:40代  趣味:サッカー以外としては、文芸評論と写真撮影が趣味。世界のビールを飲むのが楽しみ。 サッカー歴:サッカーをより濃く関わるようになったのは、ドリームキャストという当時SEGAが発売していたゲーム機でサカつくを購入したこと。このゲームはウイイレと違って、選手を操作するのではなく、監督として戦術と戦略を練るとともに、オーナーとして経営をこなさなければならない。このゲームを攻略するべく一念発起してサッカーを勉強することを決意、そのためスカパーに契約して中田がセリエAを参加するようになったころからテレビ観戦を続ける。結局それが今に至る。 国内チームは地元のFC東京を応援、SOCIOとして味スタのゴール裏でビールを飲む。ただしホームよりアウエイでスタジアムグルメを頬張るのが何よりも楽しみ。

Leave A Comment