テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ACミランの10番本田の復調

 CSKAモスクワから昨冬ACミランへ移籍した本田が開幕2試合めざましい活躍をみせている。ラツィオ戦パルマ戦で得点を決めているのだ。

 特に今季のラツィオでのゴールは素晴らしかった。今夏ラツィオはイタリア代表の主力センターバックともいえる、アストーリをローマにもっていかれた。
 だが、しかし対人戦に優れる同国のヘンティレッティと、相手選手の動きをよむことに優れたオランダのデ・フライを獲得。守備に厚みをもたらす補強策を行っていた。

 その中、本田は見事に右足で一閃。素晴らしいゴールを決めた。

 そしてパルマ戦ではヘディングシュート、同僚のムンタリが相手DFをひきつけ、その隙に本田が斜めに走り込み頭をあわせる。これもラツィオ戦同様、本田の復調を示すいいシュートだった。監督であるフィリッポ・インザーギ、ピッポも本田の活躍を称賛している。

 このまま、本田の好調は続くのだろうか。そして現在の本田の好調の原因は何なのだろうか。それは本人にしかわからないのだろうが、私はW杯での手痛い敗退が一因だと思う。

 あまりいいところを見せられないまま終わった日本代表。常にメディアの的にされていた本田はこの時もそうだった。メディアからはバッシングともいえる、目に余るほどのひどい内容の記事を書かれていた。きっと本田は悔しかっただろう。思うように結果を出せなかった自分と代表に。そして、本田は「イタリアではこうはいかないぞ・・・」といった決意が生まれているのではないか。きっとその強い思いが本田の原動力になっているのだと思う。

 ミランの攻撃陣ではメネズ、エルシャーラウィ、トーレスなど攻撃陣のポジション争いが激しい。その中で本田が今の好調を維持し、地位を確立できることを私は切に願っている。

By | 2017-04-21T21:52:41+00:00 9月 25th, 2014|Categories: コラム, セリエAコラム|Tags: , , |0 Comments

About the Author:

20代前半男性、チェルシーファン。 岡山県在住。 スポーツはスキーをよくしていたものの、サッカー経験はあまり。。 日本代表戦だけではなく、海外のサッカーを本気でチェックし始めたのはここ数年。 自転車で街、田舎など、特に知らない場所を散策することが趣味。

Leave A Comment