東アジア選手権の北朝鮮との試合は、
開始早々に得点したものの、終盤に逆転され初戦を落とした。
試合後ハリルホジッチ監督はマスコミ関係者に捲し上げるように、
「私のほうが正しい」と発言したと伝えられ、
責任転嫁とも取られなく、彼らしくない発言でもあったという印象を与えた。

試合翌日ついに監督は大仁会長を始めとする、協会関係者を捕まえ直訴したという。
その内容は正式には伝えられてないが、
日本代表がこの大会に望むにあたっての協会への不満訴えたものとされている。

ハリルホジッチ監督のこうした態度が代表監督として100%正しいとは思われない。
もちろん監督は確かな信念のもと指導にあたっているわけで、
そこに自身の無さや、方針が揺らぐようなことがあれば資質として問題であるし、
持論を展開すること、そしてそれをある程度公言することは大切なメッセージであり
代表監督としての必要な仕事の1つだと思う。

しかし敗戦直後に唐突な印象を与えかねない今回のやり方はやはり悪い印象を与えかねない。

ただ問題はその中身だ。