テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ビッグクラブを狙うダークホースであるトッテナム

 近年、ビッグクラブを落とし、チャンピオンズリーグ圏内、そして優勝を虎視眈々と狙っているプレミアリーグのクラブがトッテナム・ホットスパーだ。

 チームのモットーは「挑戦することがすべきこと」であり、ビッグクラブへの挑戦では勝てていないが、下位クラブは寄せ付けない実力を持っている。トッテナム自体はビッグクラブとはいえないので、近年ではなかなか優勝などはできていないが、昔から強く、イギリス初のタイトルなどを多く持っている。また、クラブの収入はプレミアで6位とリーグの順位に近いものなっている。

 特に2009-10シーズン以降は4位〜6位に安定的に落ち着いており、時にはビッグクラブを押しのけて、チャンピオンズリーグに出場し、ベスト8に入るなど、しっかりと実力を兼ね備えたチームであり、ライバルであるアーセナルとのノースロンドン・ダービーでは、近年チャンピオンズリーグ出場権獲得のための争いで盛り上がっている。

 トッテナムのメンバーはというと、毎年ビッグネームや各国代表が多くいるという印象があり、戦術さえハマればかならず上に上がってくる。近年では、ベイル、モドリッチ、デフォー、ベルバトフ、アデバヨールなど、有名選手が多く活躍している。そして、今シーズンのメンバーはというと、アデバヨール、エリクセン、パウリーニョ、レノンなど、ビッグネームとは言えないが有名実力派選手だという印象である。

 昨シーズン、エースのベイルを放出し、そのお金でレアル・マドリード、パリ・サンジェルマンに次ぐ、3番目の金額を使って大型補強をしたトッテナムだったが、ビラス・ボアス監督が成績を残せずシーズン途中で解任された。そして、シャーウッド監督が就任したが、ビッグクラブに負け続け6位に落ち着いた。

 今シーズンはまだ特に良い補強があるわけでもなく、今のままだとチャンピオンズリーグ圏内は難しい状態だろう。少し前は、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、リバプールのビッグ4と呼ばれたクラブがチャンピオンズリーグ出場圏内を独占していたが、近年は勢力図が代わり、マンチェスター・シティが優勝するほどの実力を付けてきた。そして、昨シーズン7位だったマンチェスター・ユナイテッドもファン・ハールのもとで調子を取り戻してきているため、ビッグ4にマンチェスター・シティを加えたビッグ5の牙城を崩すのは、今シーズンは難しく、チャンピオンズリーグ出場圏内からははじき出されてしまうと予想している。

By | 2014-08-19T19:34:49+00:00 8月 15th, 2014|Categories: コラム, プレミアリーグコラム|Tags: |0 Comments

About the Author:

1988年生まれ。 愛知県在住。 幼稚園年長から小学校5年生までは、 クラブチームと部活で6年間サッカーを続ける。 それから少しのブランクがあるものの、大学でサッカーを再開。 2006年ドイツワールドカップでサッカー観戦に目覚め、 現在は毎日サッカーを観戦するほどのサッカー好きに。 趣味は、サッカーと海外旅行、漫画。

Leave A Comment