no-image

ドイツの絶対王者バイエルン・ミュンヘン

 世界的なビッグクラブであり、ブンデスリーガの絶対王者といえばバイエルン・ミュンヘンである。
実にリーグ優勝、カップ優勝共にドイツリーグ最多記録を持っており、5クラブしかないビッグイヤーの永久保有も認められている。

 そんなドイツの絶対王者だが、久しぶりに2年連続でリーグ優勝を逃した時があった。2010-11、2011-12シーズンである。日本代表の香川が在籍していた2年間は、ドルトムントの選手の活躍やエースのロッベン、リベリーがフル稼働できず、ディフェンス陣も補強ができなかったためである。

 その翌シーズンはダンテ、マンジュキッチ、シャチリ、ハビ・マルティネスなどを獲得し、史上最速優勝や最小失点など記録ずくめのシーズンでバイエルンは優勝を果たした。ライバルのドルトムントはエースの香川や前年にシャヒン失ったことも大きかっただろう。また、チャンピオンズリーグも優勝し、世界最強の称号を手にした。
 そして、昨シーズン前にはチアゴ・アルカンタラの獲得とドルトムントからゲッツェを獲得することで、ライバルの弱体化を更に進行させ、再び最速優勝記録を出しての優勝をした。グアルディオラ監督は、バルセロナで多くのトロフィーを獲得してきた期待を裏切らない結果を残した。特にラームとノイアーはMVPの活躍をし、ほとんどのポジションでバイエルンの選手がベストイレブンに入れる活躍をしたのではないかと思っている。

 今シーズンは、ドルトムントからレヴァンドフスキとリバプールからベテランのレイナを獲得した。エースのレヴァンドフスキを再びライバルから引き抜いたのはリーグ優勝にまた大きく近づいた補強となっただろう。そして、監督と合わなかったマンジュキッチを放出し、ワールドカップでも活躍したクロースがレアル・マドリードへ移籍した。マンジュキッチの代わりはレヴァンドフスキを獲得したが、クロースの代わりになる選手はなかなかいないかもしれない。しかし、メンバー的には十分戦力が揃っているので、バイエルンの優勝は揺るがないだろう。目指すはチャンピオンズリーグの優勝だ。