テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

好スタートのチェルシー、今夏の補強

 チェルシーは開幕から、バーンリーとレスターの昇格組である2クラブと試合。勝利をおさめた。
昇格組が相手とはいえ、好スタートを切れたことはとても好ましい。

 この2試合はチェルシーに今夏から攻撃陣に新たに加わったMFセスクとFWジエゴが躍動した試合であった。
セスクの巧みなボール配給。ジエゴのボールへの反応力。いずれも素晴らしい。この活躍が監督だけでなくサポーターにも安心感を与えたことだろう。特にストライカーであるジエゴには1試合でも早く得点する必要があったと私は思う。
 ここ数年決定打を放つことのできる絶対的なストライカーに欠いていたチェルシーにとって彼の加入、活躍は誰しもが望んでいたことであった。
リーガで十分な経験を積んだ彼が、プレミアでも得点を重ねられるか。今後も注目したい。
 
 だが、先日27日の練習の際にジエゴは負傷。一刻も早い復帰を期待する。

 監督であるモウリーニョは今夏の補強にかなり満足がいっているようである。チェルシーサポーターである私も、ここ数年を振り返ってみても、今夏は特に充実したものになっていると感じる。
 前述のストライカーのジエゴと、プレイメーカーのセスク加入にくわえ、アシュリー・コールの抜けた左SBにはフィリペ、ルイスの後にはズマ。確実にスカッドに厚みをもたせることができている。だが正直、CBにはもう一人ビッグネームが欲しいところ。まだまだ存在感を放つベテランのテリーもかなりの年である。モウリーニョの教え子でもあるレアルマドリードのDF、ラファエル・ヴァランが来てくれると良いのだが・・・。そしてジエゴが戻ってきてくれたなら、チェルシーのスカッドはより磐石なものとなるだろう。

By | 2017-04-21T21:52:47+00:00 9月 2nd, 2014|Categories: コラム, プレミアリーグコラム, 移籍情報|Tags: |0 Comments

About the Author:

20代前半男性、チェルシーファン。 岡山県在住。 スポーツはスキーをよくしていたものの、サッカー経験はあまり。。 日本代表戦だけではなく、海外のサッカーを本気でチェックし始めたのはここ数年。 自転車で街、田舎など、特に知らない場所を散策することが趣味。

Leave A Comment