テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

2部所属からの代表定着と落選を経て、ASハリマFW千葉園子の現在地

【プレナスなでしこリーグ2部第4節】
開催日:2017年4月16日 13:00 KICK OFF
会場:ウインク陸上競技場(兵庫県)
ASハリマアルビオン0-0吉備国際大学Charme
【得点者】なし

 「ジダンってすぐにわかるよね!」

 レアル・マドリーのジヌディーヌ・ジダン監督は現役時代、FIFA最優秀選手に3度選出された世界最高のサッカー選手。だから現地観戦に行く際には彼をお目当てにする人も多かったはず。ただ、ジダンが出場するような試合は遠くの方から小さく見えるぐらいのような大規模なスタジアムで開催される事が多い。

 でも、ジダンは頭を観ればすぐに「ああ、ジダンあそこにいるわ」と失礼ながらも直ぐに分かった。トレードマークはそれぐらい重要なのだ。(ジダンファンの皆様、申し訳ありません。)

2部所属からの代表定着と落選を経た千葉園子

 「あのお団子頭は誰?」

 昨年6月、なでしこジャパンの指揮官に就任した高倉麻子監督の初陣となる敵地でのアメリカ戦に先発出場している彼女の姿。見た目のインパクトが強すぎる。大きなお団子頭の選手が、屈強なアメリカ人選手を相手に当たり負けしないどころか、逆に相手を倒しながら前線でボールを収め続けていた。

 2部で得点を量産していたので名前は知っていたし、高倉監督初陣のメンバー発表会見で高倉監督自身からの説明も聞いてたので、何となくは分かっていた。ただ、それまで下部年代の代表歴も皆無に近い選手で、筆者も1度も観た事がなかった選手だったので色んな衝撃を受けた。

 それがプレナスなでしこリーグ2部・ASハリマ・アルビオンに所属しているFW千葉園子の選手としての第一印象だった。その試合で大きなアピールに成功した千葉は、その後もなでしこジャパンに定着。当然、3月にポルトガルで開催された『FPFアルガルベカップ2017』にも召集されていた。

 アルガルベ杯では2試合に先発出場しながらも、これまで起用されたトップ下ではなく、右サイドMFとして起用された。プレー内容が悪かったわけではないが、持ち味とするキープ力やフィジカルの強さをあまり活かせない役割だったため、対照的に代表デビューとなったMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)らを筆頭とする若手が猛アピールに成功する中、千葉の存在は希薄だった。

 そして、4月9日開催の『キリンチャレンジカップ2017~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~』VSコスタリカ戦の代表メンバーからは落選。

 初めて代表に選出された時、「明日の朝に目が覚めたら、自分の名前が消えてるんじゃないか?と思った」と言った彼女は現在、代表への定着と落選を経験して何を考え、どんなプレーをしているのか?すごく気になった。

MF陣の人選に苦心するハリマでも右サイドMFでプレー

By | 2017-04-27T20:37:07+00:00 4月 20th, 2017|Categories: なでしこリーグ観戦記, 観戦記|Tags: , |0 Comments

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment