テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

メディカルチェックで空いた穴。湘南、ストライカー不在は埋められるのか?

 湘南は昨シーズンの得点王であったウェリントンを、金銭面での問題で放出せざるを得なかった、

 今シーズンJ1に昇格してきた湘南は、昨シーズン、ルーマニアリーグのクルージュに所属していたポルトガル人ストライカー、ギマを獲得することでその穴を埋めようとしていたが、契約前のメディカルチェックで右ひざの軟骨に損傷が発覚、契約は流れてしまうこととなった。

 東欧圏からの新外国人獲得、しかもポルトガル人選手ということで注目していただけに、この結果は非常に悲しいものであるが、それ以上にチームとして痛いだろう。

 昨シーズン20得点していたウェリントンはチームを去り、その後釜として期待していた選手がこうなっては、すぐに代役を探すというわけにもいかない。

 チームは予定通り、トルコ合宿へと出発しており、キャンプ地で現在フリーの選手等を中心に新外国席選手を探す心積もりのようだ。

 この時期のトルコは既にスーパーリーグが再開しており、トップコンディションのチームとの練習試合も経験できるというのは大きそうだ。

 また、現在フリーの選手も欧州には多いことから、穴を埋める選手は意外にすぐ見つかるだろう、という考えもあるのではないだろうか?

 しかし、見つからなかった場合、かなり厳しい戦いを強いられるのは間違いないだろう。

 チーム全体が連動して戦う戦術

 に大きな齟齬はないだろう。しかし、フィニッシャーの不在という大きな問題が立ちはだかってしまう。

 その辺りをどのように料理してくるのか、チョウ監督の手腕に注目したい。

By | 2017-04-21T21:52:08+00:00 2月 18th, 2015|Categories: J1リーグコラム, コラム|Tags: |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment