テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ステップアップのため、中堅リーグに挑戦する者達

 プレミアリーグ、セリエA、リーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーガがヨーロッパのビッグ4と呼ばれるリーグであり、その下に多くの選手がステップアップの場にしているフランス・リーグ1、オランダ・エールディヴィジ、ポルトガル・プリメイラリーグがある。
また、ロシア・プレミアリーグもUEFAランキングの順位が上がってきており、エールディヴィジを抜いているため、このポジションに入るリーグのひとつと言ってもいいだろう。

 本田を始め、かつて多くの日本人がいたエールディヴィジは、本田がUEFAランキングで1ランク上のロシアに行き、その後セリエAへとステップアップ。吉田はプレミアリーグへ、ハーフナーはリーガ・エスパニョーラへとステップアップした。
 しかし、近年オランダリーグに所属するのは2部に低迷するVVVフェンロの大津だけとなってしまった。本田がブレイクした後では、日本人の人気が一時的に上がり、宮市、吉田、ハーフナーなどが活躍したが、今はブンデスリーガほど日本人を重要視していないというのが現状だ。ただ、ヘーレンフェーンが宮市を獲得リストに入れたとの報道があった。宮市が当たりの強いプレミアで怪我ばかりしている現状を見ると、移籍してくれればフェイエノールト時代の活躍をしてくれるのではないかと期待している。

 また、エールディヴィジはオランダのリーグであり、当然優秀なオランダ人を輩出している。オランダ代表のトップ選手は、エールディヴィジ経由でビッグクラブの移籍を果たしている。当然、ここでプレーすればビッグクラブは見てくれているということだ。

 次に近年UEFAランキングで5位になったポルトガルリーグだ。こちらもクリスティアーノ・ロナウドを始め、数々の名選手のステップアップの場になっている。今季は特にJリーグからスポルティング・リスボンに移籍した田中順也に注目が集まる。移籍金を83億に設定し、世界に驚きを与えた田中順也だが、2試合で4得点と、それに相応しい活躍をしている。

 普段はビッグ4ばかりに目が行くが、1ランクレベルの落ちるリーグも未来の原石を探す見方をすれば、通なサッカーファンは楽しむことができるだろう。

By | 2014-08-13T18:11:48+00:00 8月 3rd, 2014|Categories: コラム|Tags: |0 Comments

About the Author:

1988年生まれ。 愛知県在住。 幼稚園年長から小学校5年生までは、 クラブチームと部活で6年間サッカーを続ける。 それから少しのブランクがあるものの、大学でサッカーを再開。 2006年ドイツワールドカップでサッカー観戦に目覚め、 現在は毎日サッカーを観戦するほどのサッカー好きに。 趣味は、サッカーと海外旅行、漫画。

Leave A Comment