テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

明治安田生命J1リーグ第1S3節、広島VS湘南〜勝点3までのジレンマ

3ポイントまでのジレンマ

【明治安田生命J1リーグ第1ステージ第3節】
サンフレッチェ広島2-2湘南ベルマーレ

[得点者]
<広島>ウタカ(67分、PK)、オウンゴール(95分)
<湘南>パウリーニョ(46分)、藤田(71分)

 昨年度のJリーグ王者・サンフレッチェ広島がゼロックス・スーパーカップを制して以降の公式戦で4戦未勝利に陥っている。AFCチャンピオンズリーグでは2戦2敗で最下位、明治安田生命J1リーグ第1ステージでも1分1敗となり、16位タイの位置からのスタートとなっている。

 この日ホームに迎えたのは昨季J1昇格初年度にして8位に躍進した湘南ベルマーレ。成績以上に昨季のJ1で走行距離・スプリント回数で共にリーグトップの数字を叩き出したアグレッシヴな“湘南スタイル”が脅威だ。しかし、今季は日本代表にも定着したU23代表の主将DF遠藤航が浦和レッズ、チームの主将を担って来たMF永木亮太も鹿島アントラーズ、守護神のGK秋元陽太がFC東京へとセンターラインを務めた中心選手がステップアップとなる移籍でチームを離れた。それでも曹貴裁監督が続投を決断した事で、監督就任5年目のシーズンでも変わらぬスタイルの“進化”“深化”を目指している。

【マッチレポート】両者がお互いのスタイルを貫く好ゲームもフィニッシュに精度欠く

 試合は開始1分も経たない間に両チームが自分達のスタイルの強みを出そうとした。広島が最終ラインとGK林卓人の間で最後方からも緻密なパスを繋いでいくのに対して、湘南は前へ前へとプレッシングに選手を送り込んで行く。湘南の連動したプレスに対して、広島もロングボールを蹴って逃げるのではなく、的確な判断と確かなテクニックでプレスをいなしていく。

 湘南はこの日、広島対策として、もともとの3バックから4バックに変更。広島のサイド攻撃に対して、<4-4-2>のSBとサイドMFのダブルマークで対応する戦術ディティールに変更があったものの、継続発展させて来た“湘南スタイル”は不変だった。

 試合展開としては開始25分まではサンフレッチェが好機を量産。湘南の注意がサイドに集まっていた事を活かし、サイドは突破口ではなく起点として使った。バイタルエリアで空いたピーター・ウタカと柴崎晃誠にボールを預ける事で中央突破を狙ったり、中央で引き付けてから逆サイドへ展開する事で攻撃に“幅”が作れていた。特にウタカの起点となるプレーやパス出し、ゴール前での強さも際立っていた。

 しかし、両サイドからのクロスや、中央からのスルーパスまでの崩しに至るものの、ややラストパスがズレると、ウタカや柴崎のシュートは枠を外れてしまい、なかなか得点できず。次第にこの崩しの流れに慣れた湘南に中盤でボールを奪われてカウンターを浴びる展開に。それでも広島は湘南にシュートすら撃たせずに試合を運び、スコアレスで前半を折り返した。

“湘南スタイル”の真骨頂で失点も、最後はパワープレーから勝点1をもぎ取る!

 しかし、後半開始早々1分も経たない時間だった。湘南は前線左サイドでキープして広島のDFラインを押し下げてバイタルにスペースを作ると、サポートに入ったMFパウリーニョがスペースに自らボールを運び、コースが見えると左足を一閃。豪快なミドルシュートが昨季リーグ最少30失点を誇ったGK林をも破ってゴールネットに突き刺さるゴラッソが決まって、アウェイの湘南が先制する。

By | 2017-04-21T21:51:37+00:00 3月 17th, 2016|Categories: J1リーグ観戦記, 観戦記|Tags: , |0 Comments

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment