テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

【現地レポート】オランダ杯決勝、攻撃には攻撃で跳ね返したフローニンヘンが創設94年目での初タイトル

「攻撃には攻撃で跳ね返す」
フローニンヘンが創設94年目の初戴冠!

【オランダ/KNVBカップ決勝】
ズヴォレ0-2フローニンヘン
【得点者】
<フローニンヘン>ルスナク(64,75分)

2連覇を目指すズヴォレ 初タイトル狙うフローニンヘン

 オランダ現地時間で5月3日の18時にキックオフされたKNVBカップ決勝はフローニンヘンがクラブ創設94年目にして初となるタイトルを獲得して幕を閉じました。

 ロッテルダムにあるフェイエノールト・シュタディオンで行われたKNVB決勝の対戦カードは昨季の今大会でクラブ史上初タイトルを獲得して連覇を狙うズヴォレ。そして、クラブ史上初タイトルを狙うフローニンヘンの対戦。前半はその前回王者が主導権を握り、アヤックス産の快速ウインガー=ジョディ・ルコキが決定機を迎える場面があったのですが、右に外して得点ならず。

 〈4-2-4〉のようなシステムでスタートしたズヴォレは右ウイングのルコキの個人技や、左サイドバックのファン・ヒントゥムの攻撃参加と多彩なクロスでサイド攻撃を仕掛けて主導権を握り、中央が空けば“4人目のFW”イェスパー・ドロストがDFラインに抜け出したり、3列目からもMFムスタファ・サイマクが長い距離を駆け上がって“時間差”を作って仕掛ける波状攻撃も出来る攻撃型のチーム。

 対して、フローニンヘンはリーグ戦で共に14ゴールを記録するFWマイケル・デ・レーウとMFチャロン・チェリーの2人がバイタルエリアで絡み、さらにそこに左ウイングで起用されているアルベルト・ルスナクも絡んでいく中央突破型の攻撃を仕掛けます。

「攻撃には攻撃で返す」 オランダらしい攻撃的采配が勝負を決める

 スコアレスで折り返した後半、劣勢のフローニンヘンは早めの選手交代。後半開始から左サイドバックを選手交代。さらに62分には右ウイングのミモウン・マヒに替えて、ジャルチニオ・アントニアを投入。この選手交代によって、対面するズヴォレの左サイドバックであるファン・ヒントゥムが持ち味の攻撃面ではなく、弱点の守備面を露呈する事に。

About the Author:

hirobrown

創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

2 Comments

  1. Jリーグファン 2015年5月7日 at 1:52 PM - Reply

    何度かコメントしておりますが、こうした欧州の現場レポートもされるのですね。
    感動しました。

    イングランド、スペイン、ドイツ、イタリアだとカップ戦決勝はテレビ放送もありますし、こうしたレポートもあると思うのですが、オランダカップだと確かに放送すらないですもんね。

    そのために試合の写真もないのでしょうが、逆に現地でのサポーターの熱気が伝わって来る写真が凄く臨場感があって僕も行ってみたい、と思いましたし、実際に現地に行ったような気分になりました。

    また現地レポート楽しみにしております。

  2. Soccerlture 編集部
    Soccerlture 編集部 2015年5月13日 at 6:30 PM - Reply

    >Jリーグファン様

    ご来訪ありがとうございます。
    今後もライターの方々の時間が許す限り、なかなかスポットの当たりづらい(しかし興味深い)コンテンツを増やしていければと思います!
    今後ともよろしく御願いいたします!

    Soccerlture編集部

Leave A Comment