テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ボスニア・ヘルツェゴビナの名将は日本代表監督に迎えるに値するか?

 アギーレ監督との電撃的な契約解除から、迷走している日本代表監督候補報道だが、その中でも大まかに3名にほぼ絞られたような形に収束しつつある。その中で目を引かれるのはハリルホジッチ氏である。

 前アルジェリア代表監督である同氏は、ブラジルワールドカップでアルジェリアをベスト16へと導いた名将である。

 大会前の下馬評を覆し、同国初のグループリーグ突破を成し遂げた同氏の特徴は、戦術的な柔軟性が高いことにある。

 そして、弱者を鍛え上げる手腕には定評がある。前回のブラジル大会でのアルジェリア代表も、5バックを布き、硬い守備からの速攻を軸にチームを作り上げているが、同様の戦術を強いていたコスタリカと違いラインを高めに設定し、攻撃時にはサイドバックも参加させるなど、非常に柔軟かつ攻撃的な戦術であった。

 前からのプレス、ダイレクトパス多用と現代サッカーとカテナチオの融合という風なチームは見ていて非常に面白く、かつ興味深いものだったのを覚えている。

 アルジェリア代表監督を辞任した後、トルコ、スーパーリーグのトラブゾンスポルと契約したものの、昨年11月に『両者合意の上』で契約を解除している為、違約金等の獲得の際に発生するものがないのも魅力だろう。現状の候補の中では1,2を争う好監督であると言える。

 ただ、問題点が無いわけではない。

 かなり頑固な性格であるようで、高確率で協会や選手と揉め事を起こしてしまうこと、フランス語圏以外の国での経験に乏しいことの二点だ。

 ただ、日本人は性格的に柔軟な部分も多いため、以前ほどぶつかるということは無さそうではあるし、ザッケローニのように国外での経験がなくてもフィットした事例もある。

 少なくとも、これらが逆風になることはあるまい。日本の気風にあいそうなサッカーを展開できると思えるだけに、今後の動向に注目していきたい。

By | 2017-04-21T21:52:07+00:00 2月 27th, 2015|Categories: コラム, 日本代表コラム|Tags: , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment