テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

フランスがスペインに8年ぶり勝利

 9月4日に行われた国際親善試合でフランス代表FWロイク・レミーのゴールで勝利を収めた。

フランスの代表監督デシャンは、
「最上の選手を揃え、見事なチームと対戦した。

立ち上がりは上々で後半に入り、一層攻める姿勢がみえるようになった。得点後もいいプレイを維持できた」、と嬉しそうに語った。

 スペインがなかなか勝てない日々が続く。ブラジルW杯の結果は散々だったスペイン。多くの人々の間で、もうスペインの時代は終わったのだといわれている。近年ひたすらにタイトルを獲得し続けたスペイン。まさに黄金期とよぶにふさわしい躍進だった。
 しかしその代表からアロンソ、シャビらが去り、チームを支えたメンバーの顔ぶれは変わりつつある。彼らが去り、このまま勝てない日々が続くのか。無敵艦隊スペインの時代は再びやってくるのか。それはわからない。

 しかし、スペインには国内に素晴らしいクラブがいくつもある、バルサ、レアルマドリード、アトレティコ・・・。多くのクラブで、素晴らしい下部組織をもっているのだ。そこから幾人もの、才能あふれる若い選手がトップチームへと登ってくる。これからのチームを作るのは、彼ら若手。今スペインは血の入れ替え時に差し掛かっているのだろう。きっとまた、彼らが返り咲く日はやってくる。

By | 2017-04-21T21:52:43+00:00 9月 11th, 2014|Categories: コラム, 国際Aマッチコラム|Tags: , |0 Comments

About the Author:

20代前半男性、チェルシーファン。 岡山県在住。 スポーツはスキーをよくしていたものの、サッカー経験はあまり。。 日本代表戦だけではなく、海外のサッカーを本気でチェックし始めたのはここ数年。 自転車で街、田舎など、特に知らない場所を散策することが趣味。

Leave A Comment