no-image

ポーランドvsドイツ 〜新しい歴史

ただの欧州予選での勝利ではない。

歴史的大勝利だ。

現地ではもしワルシャワナショナルスタジアムが50万人収容可能だったら
きっとそれでも満席になったであろうと言われるほど、チケットは素早く売れた。
2-0、ワルシャワはポーランドカラーで真っ赤に燃えた。

けが人の多いドイツは、いい言い訳はたくさんあるだろう。
しかし19試合にしてポーランドの初勝利。
世界王者は執念の守ることができず、88分はミラに追加点を決められた。
完敗だった。

隣国の巨人、あの戦争での蹂躙の記憶、ポーランド人にとっては宿敵中の宿敵だ。

クリスティアーノ・ロナウド、ズラタン・イブラヒモビッチ。彼らがいくらいくら選手としてワールドクラスと
しても、W杯でいい成績や出場すら難しいい場合がある。

レバンドフスキもそのひとりだ。

そして隣国であるが故に経済的にも格差があるため、多くのポーランド人がドイツに出稼ぎに行っている。
レバンドフスキはある意味そういった意味での象徴でもだった。