テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

浦和、若手をレンタルで武者修行へ。覇権奪回に向け、経験を積ませる方向へ

 悲願のリーグ優勝、そしてACL制覇の為に着々と選手の補強に動いている浦和レッズだが、その一方で出場機会を奪われていく若手選手の存在も見逃すことが出来ない。

 昨シーズンに惜しまれつつ引退した山田暢久の背負った背番号6を受け継いだ元日本代表MFの山田直輝は度重なる怪我からの復活を期したが、二試合のみの出場と終わり、来季は出場機会を求めて湘南ベルマーレへと一年の期限付き移籍をすることとなった。

 豊富な運動量と類稀なるテクニックで中盤を支配する山田のプレイスタイルは、ロジャー・シュミットを敬愛するチョウ・キジェ監督のサッカーの方向性と完全に合致することから、出場機会は非常に多くなるだろう。

 特に浦和からの期限付き移籍は片道切符なことが多かったが、彼に関しては契約を延長してからのローンとなる為、出場機会を与える為の苦渋の決断であることが分かる。

 また、興梠慎三の厚い壁に阻まれて出場機会を得られなかったFWの阪野豊史はJ2の栃木FCへ、セカンドトップや二列目を得意とするMF矢島慎也は同じくJ2のファジアーノ岡山へと期限付き移籍という形で武者修行の旅に出ることになりそうだ。

 若手にとっては出場機会を与えられることは自信の成長にとって何よりも重要となる。

 特に後者二人は試合に出ればいいプレーも見せるものの、それを通年で発揮できるか否かがプロとしての将来を左右するだけに、この一年で吸収できるものは全て吸収するくらいの気概で再び浦和へ帰ってきて欲しいものだ。

By | 2017-04-21T21:52:16+00:00 1月 11th, 2015|Categories: J1リーグコラム, コラム, 移籍情報|Tags: |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment