テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

【インタビュー】バニーズ京都SC・DF酒井望~”左利きの左SB”としての視点『【連載】サイドバックから考える現代サッカー(特別編)』

 現在のサイドバックは、「守備をするだけではいけない時代」を経て、「攻撃と守備でタッチライン際をアップダウンし続ける時代」も越えた。ワイドの開いたポジションでパスの“受け手”になるだけでなく、中央に入ってパスの“出し手”となる選手も現れた。もはや、「攻撃的SB」と表現するだけでは、その選手の持ち味を把握できない時代になった。

 GKにも足下の技術が要求され、FWも「最初のDF」としての守備のタスクが必須となった現代サッカー。その中で最も進化したポジションはサイドバックだろう。

 そんな現代サッカーの最重要ポジションについて、「プレナスなでしこリーグ2部」昇格を争う入替戦を控える「プレナスチャレンジリーグ(3部相当)」バニーズ京都SCの左SB酒井望選手にお話しを伺いました。精度の高いパワフルなキックでセットプレーも担当する彼女の、“左利きの左SB”としての言葉に耳を傾けてみよう。

大学時代にコンバートされたサイドバック

―――今回はサイドバックというポジションをテーマにしてお話を進めたいと思っています。早速ですが、サイドバックをやり始めたのはいつからですか?

「大阪体育大学(以下、大体大)に入ってからです。大学1年生の時に監督から『今までやったことのないポジションあるか?』と聞かれて、自分は『DFだけやったことがないです。』と答えたら、次の練習試合で初めてサイドバックを経験して、それ以来ずっとです。」

―――えっ、いきなりのコンバートだったんですか?監督に理由を聞いたりはしなかったのですか?

「理由は直接聞いてはいないのですが、大体大が“蹴るサッカー”だったのが関係していると思います。後ろから蹴ってFWを走らせたり、ポストプレーや落としを受けていくサッカーでした。それで当時の自分の持ち味がキックしかなかった、という部分があると思います。その自分のロングキック、ロングフィードを活かすために、そして、左利きの特性を活かすためにコンバートされたんだ、と捉えています。」

「左利き」と「両利き」の“違い”

―――「左利き」というキー・ポイント。日本では両足が蹴れるようになる指導が一般的だと思います。左利き自体が少ないとはいえ、女子なら鮫島彩選手(INAC神戸レオネッサ)、男子なら長友佑都選手(インテル・ミラノ/イタリア)のような「両利き」の選手が左サイドバックを務めています。

「自分の場合は極端な左利きなので、逆に相手からも『アイツは左しかないぞ』と言われるんですけど、それでア~ッとなってしまうよりも、逆に左足だけで活きるようなプレーを心掛けて来ました。」

―――自称「右足は水鉄砲」と仰る言葉が残っていますが、左足だけを鍛えるキッカケがあったんですか?

「そっ、それは・・・ナイショです(笑)。でも、高校の時の監督が左利きだったんです。その監督がめちゃくちゃサッカーが上手くて、『監督、自分も右足練習した方が良いですか?』と聞いたら、『いや、左足だけ練習しろ!右足で蹴れなくても、左足で何でも出来れば大丈夫だから』と、言われたんです。そこから左足だけで生きて来た感じですね。」

―――「左利きのサイドバック」だけの強みはどこにありますか?

「例えばトラップですね。中央のセンターバックやボランチからサイドでパスをもらった時、右足でトラップするとピッチの中央側に止めてしまいがちです。それだと縦パスの視野がかなり限定されてしまうので、選択肢が少なくなります。逆に左利きならタッチラインぎりぎりにトラップしたり、ボールを置けます。相手が触れないのでロングキックもすんなり蹴れます。それは間違いなく“強み”ですね!」

 なるほど、単に「両足が使える」だけでは意味がない。例え両利きであっても、しっかりと適切なアングル(角度)や体の向きで両足を使うことが大切なようだ。今後、両足が使える選手がボールを受けるエリアでどちらの足でトラップしたり、ボールを置く位置を作っているのか?に注視すると、ミクロなサッカー観戦が体験できそうだ。

【大学時代】“先輩”現ガンバ大阪の藤春廣輝選手との出会い

―――保険体育の教育実習でも行かれた母校・福井工業大学付属福井高等学校は、酒井望選手が生徒として入学された時、女子サッカー部は創設4年目だったんですね?

「サッカー経験がゼロの子はほとんどいなかったんですが、入学した時はまだまだでした。」

―――後輩には、伊賀フットボールクラブくノ一のDF大橋実生選手など、現在のなでしこリーグ1部に選手を輩出するようになりましたね。

「ちょうど教育実習で行った時にも、現在は伊賀でプレーするDF竹島加奈子選手もいました。」

―――その後、酒井望選手は大阪体育大学へ進学されました。その頃からガンバ大阪の藤春廣輝選手を筆頭に、当時は関西リーグ2部にも関わらず大体大卒業の選手が多くJリーグに入団されたと思います。

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

2 Comments

  1. Jリーグファン 2017年12月6日 at 9:58 PM - Reply

    サイドバックの連載もずっと読んでいて面白かったんですけど、まさか実際に選手のインタビューでサイドバックについてまとめられるとは!感激です!

  2. サンタク 2017年12月7日 at 12:36 PM - Reply

    自分も左足で起用されたプレーヤーだったので、左利き左SBの話はとても興味深く読みました。

Leave A Comment