テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

少年団?クラブチーム?スクール?その選び方とは?

 2017年の子供に習わせたい習い事ランキングでトップ10入りし、スポーツの中では全体で1位を獲得した水泳に次いで2位のサッカー。
そんなサッカーだが、一言で「サッカーを始める」と言っても、少年団やクラブチーム、スクールと様々な組織があり、全てを合計するとu-12世代だけでも、1万近くになる。
「子供がサッカーをやりたいと言い出したけど、いっぱいありすぎて分からない」という経験をした親御さんも多いのではないだろうか?
そんな少年サッカーにおいて、何を基準にクラブやスクールを選ぶべきか、自らのサッカーのプレイ経験や指導経験を基に考察してみる。

サッカースクールのメリット、デメリット

 まずは、ここ10年で右肩上がりに増加傾向にある「サッカースクール」のメリットとデメリットから見て見る。

「そもそもサッカースクールって何?」と思われる方もいることだろう。
サッカースクールが、他のクラブチームやスクールと何が違うのか?
一言でいえば、公式戦があるか、ないかだ。
少年団やJクラブの下部組織も含むクラブチームは基本的には、所属選手や日本サッカー協会や各都道府県サッカー協会に選手登録して全日本少年サッカー大会等の大会への出場を目指し、公式戦に出場する。

 しかし、一方でサッカースクールは原則として公式戦がない。
つまり、分かりやすく言うとサッカースクールは予備校のようなものである。少年団やクラブチームの練習で足りない所を補う役割やサッカーを始めたいけどいきなり、試合に出るのはハードルが高いという子供には合っているのが、このサッカースクールだ。
サッカースクールにもJクラブの傘下として運営されているサッカースクールやACミランやFCバルセロナ等の海外の名門クラブが日本で運営しているスクールもあれば、当然、民間のサッカースクールもある。
民間のサッカースクールの最大手はクーバーコーチングサッカースクールだろう。
全国に約140校展開していて、北海道から沖縄(沖縄は2018年1月に開校予定)まで全国各地にスクールがある。
南野拓実や前田直輝といった選手を輩出している。
さらにはオフィシャルパートナーには、アディダスがついている。
最近では、皆さんご存知の本田圭佑もソルティーロファミリアサッカースクールを展開している。現在、日本には数多くのサッカースクールが存在し、その数は数百レベルにまでなる。

By | 2017-12-21T09:54:29+00:00 12月 21st, 2017|Categories: コラム, その他コラム|0 Comments

About the Author:

1995年8月31日生まれ。埼玉県在住。大学では経済学とスポーツ経営学を専攻。サッカープレイヤー歴は13年で、最終所属チームは、2016年埼玉県社会人サッカーリーグに所属。最終所属チームには2015年9月から2017年1月まで在籍。Jリーグ、高校サッカーや社会人サッカーを含め、年間50試合以上観戦。Jリーグはもちろん、サッカーのビジネス面やJFL、また地域リーグについても関心がある。

Leave A Comment