テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

岡山湯郷Belle・亘崇詞監督の言葉で振り返る″岡山ダービー“【プレナスなでしこリーグカップ2部第8節、岡山湯郷Belle vs 吉備国際大学Charme

【プレナスなでしこリーグカップ2部・グループB第8節】

開催日:2017年7月22日(土曜) 15:00 KICK OFF
会場:岡山県美作ラグビー・サッカー場(岡山県)
観客動員:601人
岡山湯郷belle 1-1 吉備国際大学Charme
【得点者】<岡山湯郷Belle>斎藤(87分)
<吉備国際Charme>池尻(89分)

 日本最強のロックデュオ=B’zのボーカル・稲葉浩志さんが地元・津山市で28年ぶりの凱旋ライヴを開催するとあって、岡山県内の新聞各紙はその話題で持ち切りだった7月22日。『女子サッカーの聖地』“ラサ”=岡山県美作ラグビー・サッカー場では、“岡山ダービー”が開催された。

 2013年、吉備国際大学Charmeは大学生チームながら、なでしこリーグ1部に所属。見事に1部残留の快挙を成し遂げた。湯郷にいたっては、2014年になでしこリーグ1部のレギュラーシーズンで優勝を果たすなど、ほんの3年前までは両チーム共に女子サッカー界のトップランナーとして君臨していた。ラサが“聖地”と呼ばれるだけの要素が満載だった。

 しかし、現在のプレナスなでしこリーグカップ2部のグループB首位を走るのは、セレッソ大阪堺レディース。リーグでも2位につけ、初の1部昇格を狙える位置につけている。しかも、今年で20歳になる選手が最年長となる若手偏重のアカデミーチームでもあり、現役高校生も多く主力を担っている。

 中断期間に入った今季のなでしこリーグ2部で湯郷は7位、吉備国際大が9位。その事実は時の流れを感じさせる。ただ、湯郷の選手たち御用達の『喫茶ゴンベ』のナポリタン(メニュー名は“スパゲッティ”)のように、時が変わっても変わらない良いモノもある。

 今季から就任した亘崇詞監督は、主力が一気に退団して新たなチームへと生まれ変わる厳しい航海の中、“新生・岡山湯郷Belle”の基盤を構築しつつある。本稿は試合後に伺った亘監督の言葉を用いつつ、岡山ダービーをレポートしたい!

C大阪堺Lを撃破した岡山湯郷Belle
 ハリマに敗れて決勝進出は風前の灯火

 6月より開幕したプレナスなでしこリーグカップ2部は、グループリーグもすでに全10節中の7節を消化。岡山の2チームが入ったB組はC大阪堺Lが開幕4連勝を記録するなど、1人勝ちのような様相を呈していたが、第6節でその連勝が途切れた。

 それを止めたのが、湯郷だった。リーグ中断期間前に初の2連勝を記録し、徐々にチームの骨格を固めて来ていた中、この勝利により、その時点での湯郷は3勝2敗。同4勝1敗のC大阪堺Lに勝点3差と迫り、決勝進出の可能性が出て来た。

 また、ここへ来て元U20日本代表“ヤングなでしこ”の主将としても活躍したMF藤田のぞみのコンディションが仕上がって来たように見える。C大阪堺L戦は、彼女が獰猛なボール狩りに来る相手に怯まず、苦しい場面でも積極的にボールを受けて攻守を繋ぎ、相手の強力攻撃陣の持ち味を発揮させずに勝利を呼び込んでいた。

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment