no-image

アジア総括最終回 ~「日本化」したアジアの現状と将来性

開催国の優勝で幕を閉じたアジアカップ 初優勝の豪州が”黄金時代”を築くのか?

 1月9日に開幕したアジアカップ2015オーストラリア(以下、豪州)大会は開催国・豪州がアジアサッカー連盟転籍後3回目の出場での初優勝で華々しく幕を閉じました。開催国の優勝は1992年の日本以来。日本もその優勝が初めて。以来、日本は6大会で4度の優勝を果たしました。大会前の展望でも触れましたが、1度優勝すると黄金時代を築くことになる傾向があるのがアジアカップ(下記表参照)。特に今大会では若い選手が躍動した豪州がそうなる可能性も大きいと言えます。

アジアカップ歴代優勝国
開催年 優勝国 開催年 優勝国
1956 韓国 1988 サウジアラビア
1960 韓国 1992 日本
1964 イスラエル 1996 サウジアラビア
1968 イラン 2000 日本
1972 イラン 2004 日本
1976 イラン 2007 イラク
1980 クウェート 2011 日本
1984 サウジアラビア 2015 豪州

 もっとも、W杯出場権が獲得できない中東諸国からは豪州は邪魔な存在でしかなく、今大会決勝前日にアジアサッカー連盟からの撤退を望む声が公になるなど、相変わらずピッチ外が騒がしいのがアジアですが。

 当コラムでは日本代表の敗退後も、世代交代に成功した国々が躍進する今大会を興味深いと捉えて書き綴って来ました。今回はその最終回として、今大会を通して見えたアジアの現状と将来性についてまとめましたのでご覧ください。

世代交代がテーマに残るも 必要なのは考え方の変化か?

 今大会のベスト4に入ったのが豪州・韓国・UAE・イラクで、この4ヶ国を筆頭に世代交代を進めた国が多くあり、結果的にはそれが奏功した例が多かったのが今大会でした。逆にブラジルW杯に出場したメンバーを残し、経験を優先したのが日本とイランで共にPK戦とはいえベスト8で敗退した結果が、世代交代の必要性を訴えている気はします。