テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

現代サッカーにインザーギは必要か?

 サッカーファンの方なら皆さんご存知の元イタリア代表フィリッポ・インザーギ。言わずと知れたストライカーであるが、そんな彼がもし、現代サッカーにいたらという記事を今回は書かせていただきたい。

 まずはインザーギの特徴は?と聞かれたら皆さんはどう答えるだろうか。ほとんどの方がゴールへの嗅覚や得点感覚というように答えるだろう。実際私もそうである。

 インザーギは足下が上手いわけでもなく、ヘディングが強いわけでもない。身体能力も普通で足も格別に速いわけでもない。そんな彼が長きにわたりイタリア代表のFW、名門チームでレギュラーを張れたのは【得点を取れる選手】だったからであろう。彼は技術や身体面では普通の選手であるが、得点に対する意識は他のどの選手よりもある。常にゴールを狙っているのだ。

 そんな彼の特徴は裏抜けである。

 何度オフサイドにかかっても相手の背後のスペースを狙っている。10回オフサイドになってもその後の1回でゴールという結果を残す選手である。裏に抜け出すということに関してはインザーギよりも上手い選手は見当たらない。そんな一芸を彼は持っている。

 サッカーを見ている人やあまり知らない人にとっては簡単に思えることであろうが、実際はとても難しい。何度となくDFと駆け引きをし、ボールを持たない時に何度も動き直し、その都度背後のスペースを狙う。これを90分間続けることは至難の技であろう。

 そんな中でゴールという結果も求められる。インザーギのような選手はポストプレイが上手い選手や味方を上手く使える選手と違い、ゴールという結果でしか監督やファンを満足させることができないからだ。彼は裏に抜け出す技術でゴールという結果を残し長きにわたりユベントス、ミランでレギュラーを守り続けた。

 そんな彼が現代サッカーにもしいたらどのような結果になっただろうか。

 サッカーも時代により移り変わり、現代サッカーに求められるFWは一芸に秀でた選手よりも万能タイプかつ得点能力に長けた選手になっている。

 スアレス、ベンゼマ、ジルー、アグエロ、レバンドフスキと現在強豪チームで1トップを張っている選手は皆、特徴はあるものの、万能な選手と言っていいだろう。足下も上手く、ポストプレイやパスもできれば、ドリブルもある程度でき、また守備もしっかりと行う、こんな選手が現代サッカーのFWといえよう。

 現代サッカーではポゼッションにこだわる監督も増えていることからインザーギのようにオフサイドで相手にボールが渡ることを嫌う監督もいるはずだ。そんな監督の下ではいくらゴールという結果を残してもレギュラーを守れないだろう。

By | 2017-04-21T21:51:39+00:00 1月 14th, 2016|Categories: コラム, その他コラム|Tags: |0 Comments

About the Author:

幼稚園からサッカーを始め、中学高校と主将を務める。セリエA全盛期のユベントスに魅せられ、以来イタリア代表およびユベントスの応援を続けている。

Leave A Comment