テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

レアルマドリード、レアルソシエダに敗戦

 開幕試合であったコルドバ戦では低調でなんとか1−0と勝った試合であった。
ディフェンス陣も上手く足並みは揃わず、日本の長身FWハーフナー・マイクに何度かゴールを脅かされていた。

 そんなレアルマドリードは8月31日、リーガ2節アウェーでレアルソシエダと試合を行った。マドリーはクリスティアーノロナウドを欠きつつも前半早々に2得点。前線からのプレスが甘いソシエダはマドリーの選手らに容易に侵入を許していた。
しかし、35分CKからのボールにジョセバ・サルドゥアのヘディング→イニゴ・マルティネスの左足で得点。
 その後波に乗り、ボールが走るようになったソシエダは追加点を重ね、終わってみれば、4得点。マドリーに4−2と逆転勝利を収めた。

 この試合で見えたのは、守備から攻めへの転換の不安定さ。ボールを追いまわす側にまわされたマドリーは前線にボールが入らなくなった。
 やはり、シャビ・アロンソ、ディマリアを放出したのは間違いだったのでは?パサーの役目だけでなく、中盤の底を引き締めていたアロンソはおらず、時にはディフェンスラインまで下がってきてボールを受けにきていたディマリアもユナイテッドへ。攻撃への転換、ポジティブトランジションが成っていなかったようにみえた。

 ファンの間では、マケレレ、マクナマン放出後の暗黒期の再来かという声があがる。レアル次節は勝利なるか。

By | 2017-04-21T21:52:44+00:00 9月 8th, 2014|Categories: リーガエスパニョル観戦記, 観戦記|Tags: |0 Comments

About the Author:

20代前半男性、チェルシーファン。 岡山県在住。 スポーツはスキーをよくしていたものの、サッカー経験はあまり。。 日本代表戦だけではなく、海外のサッカーを本気でチェックし始めたのはここ数年。 自転車で街、田舎など、特に知らない場所を散策することが趣味。

Leave A Comment