テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

J2で13得点13アシスト!『J2アシスト王』MF瀬川祐輔が先輩・江坂に続いてJ1でブレイクを狙う!

 彼は多彩なパサーが揃うチームで最も活きる選手で、バルセロナではジョゼップ・グアルディオラ監督(現・マンチェスター・シティ監督)時代に特に重宝されていた。下部組織出身の無名選手ながらも、スペイン代表のエースFWダヴィド・ビジャや、フランス代表のエースFWティエリー・アンリからレギュラーを奪い、スペインリーグやUEFAチャンピオンリーグ優勝など数多くのタイトル獲得に貢献したのだ。

 “日本のメッシ”を筆頭に、“和製○○”は無数に存在するが、“日本のペドロ”はいないだろう。メッシやクリスティアーノ・ロナウドは日本人にはなれないタイプかもしれないが、ペドロの身体的特徴やプレースタイルは日本人でもなれる。むしろ向いていて、なぜ日本代表にこうしたタイプがいないのか疑問に感じるほどだ。

 大宮でブレイクした暁には、一気に日本代表招集もあるのではないか?筆者はそんな“日本のペドロ”瀬川に注目したい!

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

One Comment

  1. Jリーグファン 2017年1月28日 at 7:47 PM - Reply

    確かに良い選手!江坂よりも期待値は上!
    家長、泉澤がいなくなっても大宮強そうです!

    そして、日本のペドロという表現が良いですね!確かに代表まで行く可能性あるかもしれません。注目してみたいと思います。

Leave A Comment