テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
Y.Yokozawa

About Y.Yokozawa

1964年生 / 東京都在住 / Xイチ独身 自称サッカルチャー欧州特派員。プレス席申請の際に 媒体名は「soccerlture.com」と記入するようにしてます。
24 04, 2017

♯11 百年構想、1/5の現在地点

By | 2017-04-23T22:17:22+00:00 4月 24th, 2017|Categories: Soccerlture League|0 Comments

チェ)今回の当番は、イタリア秘書室のローザくん ソフィアくん リナくん エレナくんです。日本代表としてナカムラくんにも出席してもらいます。 ナカ)かしこまりました。それにしても今回参加者多過ぎませんか? チェ)大丈夫です。所詮バーチャルですから。 ミス)ガラタサライからポドルスキーがヴィッセル神戸に加入します。チェアマンも注目していますか。 チェ)2014年12月のイスタンブール。当時アーセナル所属のポドルスキーがガラタサライを木端微塵に粉砕しました。この試合はテレコム・アリーナで観ています。インテルを経由して彼がトルコに戻ってきたのも納得です。ただヴィッセルで実力を発揮できるか。こればかりは蓋を開けてみないと、なんとも。 ソフィ)インテルに移籍した2015年は結果を出していません。 ロー)ポーランド系ドイツ人ですよね。ドイツ人はイタリアにはあわないでしょう。 リナ)半年でロンドンに戻って、トルコに。しかしトルコでも浮いていたそうです。 エレナ)日本からドイツに渡る選手は後を絶ちませんが、Jリーグにドイツ人は珍しいですか? チェ)J創設時、浦和レッズやジェフ市原(現ジェフ千葉)はドイツ人目立ちました。ところでナカムラくん、バレーボールやってました? ナカ)私はバレエもバレーも経験しました。あとは乗馬、ゴルフ・・・ チェ)それではバレーボール界での話題です。3月25日、埼玉県深谷市総合体育館で行われたプレミアリーグ女子のオールスター戦で木村沙織選手が現役生活にピリオドを打ちました。 ミス)大晦日に入籍も済ませラブラブの彼女ですが、トルコのガラタサライでプレーしていた時期があります。イタリアもバレーは盛んですよね。 ソフィ)カルチョと同じくセリエAがあります。1995年アンコーナでプレーした大林と吉原は日本人バレーボーラーのプロ第一号ですよね。 チェ)吉原はローマでも活躍しました。 ロー)その後高橋みゆき選手がヴィチェンツァでプレーしています。ヴィチェンツァのコーチとして海外バレーボールチームの指導者となったのが中田久美現代表監督。2008年に就任し翌年はノヴァーラのアシスタントコーチを務めました。 チェ)さおりんはガラタサライ・ダイキンのCMが現地で話題になりました。これはイスタンブール滞在時にホテルのテレビを撮影しました。モニターは同国の家電メーカーVESTEL社製でした。 ナカ)まったく意味不明。何が撮りたかったのでしょう?ビールのCMですか?テレビ画面の時刻は朝の7時です。 スポーツニュースで前日のサッカーのダイジェストが流れていたから、シャッターをきった・・・のかな?たぶん ロー)また前の日飲みすぎて記憶があやふやのパターンですか。イタリアでもワインのボトル抱えて移動してました。 缶ビール2本は前夜空けて、もう一本は飲みながらTV観ていたのは覚えています。 朝飲むビールも美味です。ちなみにこちらがそのCM動画です。

24 03, 2017

長靴の国で観た異邦人たち 二十の巻【英国からの大移動と、トリノにやってきたポーリッシュ】

By | 2017-03-24T13:56:26+00:00 3月 24th, 2017|Categories: コラム, その他コラム, その他観戦記, 観戦記|Tags: , , |0 Comments

十五の巻でルーマニアからの移民が多い割にプレーヤーが少ない気がすると述べた。 それに比べて腹落ちするのはポーランド人。 […]

9 03, 2017

長靴の国で観た異邦人たち 十九の巻【2月7日アヤックスVSユヴェントスpetitプレビュー】

By | 2017-03-09T09:29:35+00:00 3月 9th, 2017|Categories: アフリカネイションズカップ観戦記, コラム, その他コラム, 観戦記|Tags: |0 Comments

アフリカネイションズカップ2017が開幕。日本での注目度は今一つか。 開催国はガボン。自慢ではないがガボンに対する知識は全くない。しかしガボン代表のジョカトーレなら昨年リヨンで観た。 […]

28 02, 2017

欧州蹴球文化探訪 ベルギーの光と闇 第二十六話 コスモポリタンの味わい

By | 2017-02-28T23:00:20+00:00 2月 28th, 2017|Categories: コラム, その他コラム|Tags: |0 Comments

御蔵に収めていた原稿をリライトしての連載再開。ちなみに最終回まで残り五話 ビールやワインだけでなく毎日愛飲しているのが珈琲。写真はオランダ・・・否、欧州No1のメーカーのダウエグバーツ。世界各地を放浪し、一味違うなと印象に残っているのが […]

16 01, 2017

長靴の国で観た異邦人たち 十六の巻【チェコの若きエースが2017年ブレイクする】

By | 2017-01-17T10:38:08+00:00 1月 16th, 2017|Categories: コラム, セリエAコラム, その他コラム|Tags: , |0 Comments

新年を迎え、欧州蹴球シーンは再開。2026年からFIFAワールドカップの出場国枠も増えるが、現状は欧州予選が最も厳しく開催国ロシアを含めても14か国。 […]

1 01, 2017

長靴の国で観た異邦人 十五の巻 【背番号12東欧のラテン対決】

By | 2017-01-01T19:49:17+00:00 1月 1st, 2017|Categories: コラム, セリエAコラム, その他コラム|Tags: |0 Comments

2016年6月10日,開催国フランスが初戦ルーマニアをスタッド・ド・フランス(サンドニ)で下し欧州蹴球の宴は幕を開けた。先日そのサンドニの貴賓席で元オランダ代のエースストライカー、パトリック・クライフェルトと遭遇する。 […]

27 12, 2016

長靴の国で観た異邦人 十四の巻 【稲妻閃くフィレンツェの夜】

By | 2016-12-27T21:31:52+00:00 12月 27th, 2016|Categories: コラム, セリエAコラム, その他コラム|Tags: , |0 Comments

10月のイタリア訪問は格安航空会社ライアンエアでハンガリーの首都ブダペストを離陸、ピサから入国した。リニューアルされたMTKブダペストの本拠地ヒデグチ・ナンドール・シュタディオンではフォトグラファーベストを借りて芝を踏んでみた。 […]

Load More Posts